■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
新歓の下見
ども、最近ブログを更新するとき冒頭のネタを考えるのに一番時間を使うTakitakiです。

新歓の体験採集も近いってことで、昨日仙台の北の方(松島・登米方面)に採集の下見に行ってまいりました。

それでどんなもんだったかを報告します。

メンバーはTakitaki、ryohei、oba、ODKの四人です。本当はSDも来る予定だったのですがなぜかドタキャン。

朝8時半に出発の予定ですが、レンタカー屋で前の車がなかなか出発しなかったり、部員が遅刻したりで若干遅めに出発。
きらめく若葉マークのもとで仙台市内を若干迷走したり、ナビ子さん(カーナビ)を無視したりしながらも松島あたりまで来ました。

するとryoheiが「この辺にアンモの産地あるで」というのでちょっと寄ってみました。
んで、産地に降りてみましたが…広大な敷地に腐るようにある石の山。しかもパッと見化石なんかなさそう…。
しかしここは「化石がありそうでない産地」というよりも、「なさそうで(運が良ければ)ある産地」の模様。

めげずに石を割ってみよう!
…一時間経過 「なんもねえwww」

バカみたいに固いうえ、広すぎて化石のでるラインもわからないときたら打つ手がない。
そろそろ潮時かと考えていると、obaが「なんか変な模様があるー。アンモと見間違えたー」とか言ってます。
それでその石を見てみたら…アンモでしたww。

結論:この産地は新歓の候補地から除外

気を取り直して次の産地へ。もともとアンモのところはナビ子さんを無視した結果たどり着いただけなのでおまけです。
ホンボシはさらに北にあり!!


さらに車を走らせ第二の産地へ。
ここも前回ほどではないけど広い産地。あまり固くない砂岩層からナトリホソスジホタテ(Nipponopecten akihoensis)や腕足類、二枚貝を採集できました。

一度私がきれいなメジロザメの歯を拾ったのですが、強風にあおられどっかとんで行きました。
私はやはりサメに嫌われているのだろうか…

サメに振られて、(´・ω・`)な感じのTakitakiにODKさらに追い打ちをかける。
「あ、サメの歯だ。」(ODK)

結論:この産地は新歓に向いている。てか、新歓で来なくても絶対にまたきてやる。


次にもう少し北の産地へ。
ここはぶっちゃけあまり期待していなかったのですが、その土地の方に許可をとって中へ。

しかし地層を見てもひたすら砂で化石かのかけらもない。
「こりゃハズレか」と思っていると、足元に白い三角形が。

先ほどのサメの残像だと思ってryoheiに「サメかと思ったww」と足でぞんざいに示すと、ryoheiはしゃがみこんで、一言。

「サメやん。」

探しましたよ。そしたらまあそこそこのサメの歯を回収できました。
Isurus planus
アオザメ(Isurus planus )でしょうか。

ほとんどが白く風化したカスカスな奴でしたが、中には運がいいと歯根つきもあるようです。

結論:新歓に向いてます。また行こうっと。


時間も時間ですが最後にちょろっともう一か所。
尺がないので結論だけ。

結論:まあ採れる。以上。



下見はこんな感じでした。
まあ、初めて来た人でも何かしら採れるかなーって感じだったので新歓の有力な候補地となりそうです。

そうそう今回採れた化石は文化フェスティバル(4月18日)で展示する予定ですので是非見に来てください。

それでは今回はこの辺で。それでは~。
スポンサーサイト


採集報告 | 08:59:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。