■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
番外編 新歓採集地紹介②
ども、最近小学生が一次方程式や場合の数を学習していることに驚いたTakitakiです。
私たちはゆとり教育最後の世代なので何となく負けてる気がします。

中学・高校と完全にゆとりで過ごした分の差はやっぱり大学生になって大きいものになるんでしょうかね?

そんなところで今日のネタなのですが…またまた化石です。(鉱物はおまけ)
いや、鉱物を紹介したいとも思っているのですが、新歓で採ろうと思っている鉱物が黄鉄鉱に水晶というすでに紹介済みの奴なんですよね。

31日あたりに下見に行ってまいりますんでそしたら鉱物の産地は紹介します(Obaが)。
ということで鉱物に関しましては次回ご期待ください(Obaに)。

てことで産地紹介です。
gouroku
ここは東北大学から自転車で行くことができる産地です。

写真は落石からでたセンダイヌノメハマグリ(Psudamiantis sendaica)の密集です。
竜の口層はハマグリが木下層のバカガイ並みにたくさん出ます(喩が悪くて済みません)。
ハマグリ畑といっても過言ではないです。

ここは前回と同じ地層なので採れる化石は基本的に同じですが、前回の産地ではあまり見られない種も採集できます(ゴウロクタマキガイとかセンダイニシキとか)。

まあ、保存や採り易さは前回よりも劣るのでこちらは川の水量が多い時の予備と考えています。


あ、ちなみにここでは高温型石英という水晶の柱が無くなって八面体を形成する鉱物が採れます。

以前は沢の砂利からサルベージして採集していたのですが、先日みちのく古生物研究会の方に高温型石英の供給源となる層を教えてもらったので、もっと効率よく採集できると思います。

微妙に壊れてきれいな八面体ではないですがこんな感じです。
高温型石英

まあ、こんな感じでここは鉱物も化石も採集でいますよ~ってことで今回はこの辺で。

次回は日曜日かな?新歓採集の下見の報告をしたいと思います。
それではまた~。
スポンサーサイト


産地紹介 | 10:00:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。