■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地ゼミの標本 part4 カエデ
~前回のあらすじ~
Oba、よくやった。この調子じゃなくてさらに調子を上げて頑張れ。

ども、最近金欠なTakitakiです。
すべては免許が悪い(学科試験受験料2100円+免許交付手数料2100円+交通安全委員会加入金900円)。

まあ採集に行くには免許は必須なので仕様がないのですがね。

てことで今回のネタです。
って、うわあ~~~!!携帯で撮ったサンゴがPCに取り込んだらカオスになっとる~~!!
マズイ。どうしよう…。…そうだ、私物の中から部室にもある化石を探してそれを使えばいいのか!確か…。あ、あった。

あ、今週からは古生代じゃなくて新歓の候補地の標本を紹介したいと思います。(棒読み)

カエデ(Acer sp.)の種子です。

これは仙台市太白区の新生代から産出した化石で、この地層からはたくさんの植物・昆虫化石が産出しています。

この産地は私が新歓採集で行った産地の一つで、頑張ればいい感じの葉っぱぐらいは手に入るかと思います。昆虫は結構難しいと思います。

この化石は昆虫の羽のように見えたりしますが、カエデ類の種子、植物化石です。風にうまく乗って、できるだけ遠くまで種子を飛ばすためにこのような構造をしています。

実際は先端の黒っぽいところにいわゆる種が入っています。

この産地の化石は部室にも結構あるのでまた機会があったら昆虫化石や植物化石も紹介したいと思います。

それでは今回はぼろが出ない内にこの辺で。
次回は月曜日か火曜日に!それでは~。
(ふう、なんとかごまかせたかな…)
スポンサーサイト


地ゼミコレクション | 09:25:25 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
残念ながら・・・

俺の目はごまかせなかったぞ、takitakiよ!
2012-03-26 月 02:37:45 | URL | K子 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。