■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
伊豆採集れぽ
ども、最近Takitaki部長大先生に怒られてばっかりのobaです。


自然に親しむ会というサークルにも所属しているのですが(宣伝)、先日そこの一年生で箱根旅行に行ってきました。
初日は彼らと観光しましたが、伊豆に有名な鉱物産地がいくつかあり、二日目は物欲に負けて彼らと別れ伊豆半島に行ってきました。
今回はその採集のレポを簡単に書きます。


そもそも伊豆はいくつもの火山でできた島が本州に合体してできた半島で、鉱山跡も鉱物産地も半島を通して多く存在しています。
今回の採集では、当初は河津町浜の菖蒲沢・平磯海岸(やんだ)、下田市の寝姿山・高根山鉱山に行く計画を建てていましたが、当日の雨で足止めされたこともあり、結果的に平磯海岸にしか行けませんでした。
菖蒲沢には時間的に寄れたのですが、干潮に時間を合わせられなかったことと強風による高波や雨でびしょびしょになってしまったことに加え平磯海岸の採集物の重さで萎えて諦めてしまいました。
今になってみると産地の状態だけでも確認しておけば・・・と悔やんでいます。


それでは平磯海岸(やんだ)での採集レポです。

<はじめに>
小田原で雨具を買い、伊豆急行線の河津駅にて下車する。
当日はちょうどさくら祭りの最中で、早咲きの河津桜を駅前でも楽しむことが出来た。


DCF00084_20120320014515.jpg
河津駅と河津桜。駅構内は桜祭りを見に来た人でごった返していたが外は雨のためこんなかんじ。

DCF00057_20120320014516.jpg
波がハンパなかった。


駅から歩くこと30分で産地に到着。
干潮の時間から数時間遅れての採集の上、強い雨に強風と厳しいコンディションだったが先人の採集跡を漁ることで素人の自分でもそこそこのものを採集できた。




<産地>
まだド素人なんで産地の説明とかを詳しくすることはできないんですが、波によって削られ、安山岩の固い部分だけ残ってゴツゴツした岩場が出来たみたいです。
採集はこの岩々を貫く沸石脈や方解石脈、緑色のセラドン石(、先人の採集跡)を目安に行いました。
この産地は沸石の有名産地で、今回はモルデン沸石を中心にいくつかの沸石を採集することが出来ました。
しかしこの産地で採取された方々のHPで写真を見ていると、自分のものが産地のわりに「ヘボい」ものだったようなのでまた機会があれば挑戦したいと思います。

採集鉱物:モルデン沸石、輝沸石、方解石


やんだモルデン沸石20120309
モルデン沸石

DCF00045_20120320014516.jpg
輝沸石(緑色のものはセラドン石に輝沸石が伴ったもの)




<終わりに>
上記の通り最悪のコンディションでしたが、素人の自分でも割と採集できたのでハイになって一時間も採集してしまいました。
すぐとなりの産地の菖蒲沢海岸にも寄って、水晶やあわよくば自然金を採集したかったんですが、この産地での採集を終えたときに凄い疲労を感じたためすぐ帰ってしまいました。電車の時間が気になったというのもあったけども。

あと採集物が重すぎて肩が壊れるかと思いました。運転しなくていい(=移動が疲れない)という利点もありますが、駅-産地間を歩かなくちゃならないという意味で電車採集も考え物だと思いましたね。
今度来るときは晴れ・干潮・車という条件を揃えたいところです。


割と長くなってしまった・・・
やっぱ文章書くの苦手だわ。時間かかりすぎる。
お疲れ自分アンドTakitakiすげえよ。
スポンサーサイト


採集報告 | 01:42:07 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
伊豆おつかれです。
伊豆で化石ってのはあんまり聞かない気がするので(ほとんど火成岩だし、下田で採れるという話もあるが…)観光で行ってみたいな。

また鉱物の記事頼む!
2012-03-21 水 10:08:25 | URL | Takitaki [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。