■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地ゼミの標本 part2  四射サンゴ
日曜日に更新しなくてすみません。
悪いのは私です。期待した私です。

何に期待したのかは前回のコメントを見て推理してください。

ども、最近仙台に帰還したTakitakiです。

今日は前置きなしでさっさと本題に移ります。なんというか、とても気持ちが沈んでるので・・・。

P1010509.jpg
岩手県の石炭紀の地層で採集された四射サンゴの一種 シフォノデンドロン(Siphondendoron sp.)です。

四射サンゴはオルドビス紀に現れペルム紀末に絶滅したサンゴの一種で、写真ではわかりにくいですが内部の放射状構造(隔壁)が4の倍数であることからそう呼ばれます。

同じ理由で六射サンゴ、八射サンゴと呼ばれる種類もあります。

今回は四射サンゴの中でも群集をなすタイプで、大きな岩が全部この化石というケースもあります。

でもなんだかグネグネしてて面白いですね。気持ち悪いと思う方もいるでしょうが、群集サンゴに限らず、私は結構サンゴの化石は好きです。

まあ、石灰岩は扱いにくいので研磨して内部構造をわかりやすくする人も多いと思いますが、私は研磨したりするよりもこの風化面のグネっとした感じがいいです。

まあ、サンゴはいろいろ面白いのでまた違う種類のサンゴを今度紹介したいと思います。

というわけで今回はこの辺で。次回はちゃんと日曜日(日数の関係で土曜日かも)に更新します。

それでは~。
スポンサーサイト


地ゼミコレクション | 09:10:59 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ごめん
タイムワープしてた
2012-03-13 火 17:29:29 | URL | oba [編集]
免許とったよー
どんどん採集いこうね
2012-03-16 金 15:02:20 | URL | SD [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。