■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
部室の掘り出し物探索 その4 ~9ちゃん~
毎週日曜日に更新してたのに昨日更新できずにスミマセン。地ゼミの新年会やらでちょっと時間がなかったのですよ。

ども、最近そろそろ自動車学校かよわなきゃなと思ってるTakitakiです。
実際のところK自動車学校とA自動車学校のどちらにしようかと迷っているだけなのですが。

今年は地ゼミ部員全員が免許を取得した状態で新歓を迎えたいですね。まあTakitakiカーに乗った人はもれなく幽体離脱体験か三途の川の畔あたりまで逝ける特典が憑いてくるかもしれませんがww

そんなこんなで今年最初の掘り出し物探索です。



スカファイテス(Scaphaites sp.)です。以前紹介したメソプゾシアの裏側についてた奴なのですが、種はちょっと調べてみましたがよくわからなかったです。ryouheiがコメントで書いてくれることを期待します。

このスカファイテスの仲間は異常巻きのアンモの中でも比較的平面巻きに似たものが多いですが釣鐘型やタツノオトシゴみたいな形の奴(数字の9みたいな形)までいるみたいです。日本産のものは比較的小型でノジュール内に密集して産出することが多いようです。この写真では単体ですが。

特に発展性のあるネタでもないので今週はこの辺で。それではまた来週~。
スポンサーサイト


地ゼミコレクション | 13:29:40 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
ryoheiです(ryouheiじゃないで!)呼ばれたので出てきましたww
ん~~これはScaphitesというかYezoitesではないかい?Scaphaitesは気房部の巻が不明瞭な感じやけどYezoitesは気房部が緩く巻いてるから。
あんま良く解らんけど、仙台に持ってきた資料を見たら、殻表面が平滑なYezoites puerculusってのに似てる気がします。
Scaphites planusとミクロコンク・マクロコンクの関係とか・・・・・?そうなるとどっちが残るんかは知らんが。
これがチューロニアンやから裏のプゾシアもチューロニアンか?と思ったわけです。
2012-01-09 月 23:45:03 | URL | ryohei [編集]
ryouhei改めryoheiの解説でしたww

YezoitesScaphites同じスカファイテス科ではあるようですが、正直Takitakiには判別つきませんでしたね。
もっと勉強しなくては…。
2012-01-10 火 19:59:49 | URL | Takitaki [編集]
いつも応援してます♪
今後も頑張ってください(^o^)丿
2012-01-12 木 01:33:38 | URL | SD' [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。