■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
部室の掘り出し物探索その2ひねくれもの~
ども、最近精神的に大ダメージをうけたTakitakiです。なぜ受けたのかは言いません。でもその元凶を作ったのはBoss先輩とDMB先輩で実際にダメージを与えたのはKD先輩とryouheiです。

それでも空元気でブログを更新していきます。

今週は部室の掘り出し物紹介第二回です。


ハイファントセラス(Hyphantoceras)の一種です。種はオリエンターレかなあ?よくわかんないです。

おそらくこれも昔OBの方々が北海道でとってきたものだと思いますが・・・

実にひねくれてます。つーか、ねじれています。こんなにねじって意味あんのか?と思う方がほとんどでしょう。

しかし生物の形質ってものは生存上1%でも有利に働く限り強調される可能性があるらしいです。だからまあ、なんか役に立つんでしょうきっと。目立ちたかったからというわけではないはずです。

しかしアンモも生き残るためにここまでヘンテコに進化したということは最近の若者にありがちなジャラジャラとしたよくわからない装飾(あくまで私の主観)や緑とかピンクとか妙に色が凝ってる髪の毛(あくまで(ry)も目立ちたいからなどではなく、何か進化学的な理由が!?
と思ったところでそんなことはないとくだらない考えを打ち消すTakitakiでした。

それでは今週はこの辺で・・・。
スポンサーサイト


地ゼミコレクション | 10:57:46 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
何をひねくれて異常巻ってるんですか?ぜひ何があったかkwsk
強調ってのかは知らんけど、こういうアンモナイトって数式的には結構単純な形で表現できるらしいよ。(参考 http://ci.nii.ac.jp/naid/110002703475)
実際のところたまたまこんな感じになってしまったのを、普通に巻いてるアンモを見慣れてる人間が「異常」っていうだけなんかな~~・・・・と最近思うryoheiなのでした。
2011-12-19 月 11:16:18 | URL | ryohei [編集]
なるほどリンク先の論文は有名な検証ですよね。

進化論としては生物の形質は絶対に何らかの意味があるはずなんですよね。つまり「偶然」こんな形が生まれてきたってのは許されないんですよね。まあ、創造説を信じている人たちはこういった意味のなさそうな生物の形質を進化論の反証としてるみたいですね。
科学を信じる私たちにとってその意味を考えるのがおもしろいことなんですがね。
2011-12-19 月 19:29:17 | URL | Takitaki [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。