■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
紫を求めて
K林です、こんにちは。
最近大学の授業で造岩鉱物を覚えなくてはいけないので、地ゼミでは見向きもされない長石や雲母に興味を持ち始めて妙な危機感を感じてます。

先ほどブログに載せる鉱物を水洗いしてました。休みの日に鉱物を洗うのって意外に楽しいです。泥にまみれた状態ではわからなかったこともあって、自宅にいながら新発見ができるのですから。

さて、10月26日に秋田へ鉱物を採集しに行きました。訪れたのはいろんな鉱物採集の本にも載っている荒川、亀山盛、日三市の3つの鉱山です。採れるのは主に水晶や銅の二次鉱物です。

早朝、別件で部室を訪れたN尾さんから差し入れ(栗ごはん=僕の好物)をいただく。
これは良いものを取らずに帰るはけには行かない!

今回行く3つの鉱山は直線距離では1キロも離れていないけど舗装道を通ればかなり遠回りになります。参加者みんなで「山の中突っ切るか!?」なんて考えもしました。道なき道を1キロ歩くか、遠くても車で楽して行くか。さすがに前者を取るほど僕らもバカではなかったようですが。

1か所目、亀山盛鉱山。
実は以前僕が一人で下見したけど結局ポイントがわからなかったとこ。
今回も最初は迷いましたがみんなで話し合いながら探検した結果、なんとかズリを見つけることができました!!

ここでは1年生が紫石英(水晶と呼ぶには形が残念すぎる)を取ってました、羨ましい・・・
僕はお昼ご飯のため行きませんでしたが、最初採ってたとこよりもさらに山奥に本命のズリがあるとわかってちょっとショックでした。

次、荒川鉱山。
鉱山跡横のサーキットを走る大量のバイクが
ヴォンヴォォォォォンプァァァァァァァァァンン!!
って爆音鳴らしてるのに背を向けて足元の石ころをじーっと見つめてました。石英がところどころに落ちていましたが持って帰るほどのものではなかった・・・

そこから少し離れたとこから川の中に入るも場所がわからず撤収・・・

最後、日三市鉱山。
亀山盛鉱山で時間を使いすぎて山に入ったのが午後3時過ぎか?

斜面はかなり急だけどズリまではそれほど歩く必要はなかった。地面に孔雀石とおぼしき緑色の石があるが最近秋保で緑は見飽きていたのでテンションは上がらず。
しかし別のポイントでは紫石英が見つかった・・・!柱状ではないし頭なんてついてないけど、やはり紫色ってのが素晴らしい!

akita02
僕が採った中で一番でかいやつ。

akita01
ちっこいの。

akita05
2枚目の写真で右端のやつ。多分頭だと思われる。

紫石英についてはskがかなり良いものを採っていました、あれは欲しぃ・・・

akita04
水亜鉛銅鉱か。

akita03
最近見飽きてきた緑(孔雀石かな)。でもところどころに青鉛鉱と思しき青も。

秋田のこの3つの鉱山ですがまだまだ行く価値があると思います。
時間をかけてじっくりやればさらに良いものが出そうだし、なにより荒川のリベンジがしたい。
ただしそろそろ寒さが厳しくなってくる頃なので行くなら早めに行きたいと思います。
スポンサーサイト


未分類 | 16:09:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。