■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大学祭
こんばんは、K林です。

10/31~11/2の3日間は東北大の大学祭がありました。
地ゼミは今年も化石鉱物(それと地図とか)の展示をし、1年間の活動の成果を紹介しました。ちなみに企画タイトルは「太古からのおくりもの」です。

1日目は平日(金曜日)だったので一般のお客さんは少なく、ほとんど東北大生だけで盛り上がっている状態でした。2日目は雨が降っていたので雨宿りも兼ねていたのか、割と多くの人が来ました。3日目は個人的に子連れの家族が多かった気がします。

僕らはお客さんに説明する役目があったのでたくさんの人と話をしたのですが、これが意外に面白い。一般的な化石などの知識があまりない人がどう思うのかは僕らにはわからないことですからね。

まず、化石や鉱物を自分たちで採ったということにとても驚くようです。中には博物館からの借り物だと思う人もいました。
心の中で「ふふふ、借り物なわけないじゃん、自分で採ったの・・・さ!」って思ってました。

あと展示されているものが過去1年以内に採ったものだと説明するとよく驚かれました。
採集の頻度を聞かれたこともしばしばあり、「すごい積極的ですねー」と褒めてくださいました。

ちょっとおもしろかったのはK子先輩の相馬の二枚貝化石(はまぐりっぽいやつ)を見て、「すごい綺麗に磨かれてますねー」って言った人がいたこと。実はあれ一切研磨とかしてないのに・・・相馬の化石の保存状態の良さを改めて認識した気分です。

それから意外にリピーターがいるらしい。
今年はくじ引きとかの無料配布企画はやってなかったのですが、それ目当てで来て残念がっていた人が少なからずいました。去年菱マンガン鉱を引き当てたご婦人や小さな子供達とか。
そういえば昔の地ゼミの記録にも無料配布のことが書いてあったし、学祭での配布企画がそこまで伝統的なイベントだとは思ってませんでした・・・

学祭には同業者もたまに来ます。
僕が話をした人に某県の博物館の元職員の方(しかも女性)がいました。その人はなんというか、年齢からは想像出来ないくらいピュアな地学徒で、某所でたまたまグリーンタフを見つけて大いに興奮した話を楽しそうに語ってくれました。

「こういう話を普通の人にしても反応に困られるんですよー」

↑同感です

こういう共通の話題を持つ人が来る機会はなかなかないので楽しかったです、また来年も来てほしいと思います。

思い返してみると去年の学祭の時はここまで充実してなかったかもしれないな・・・シフトを抜け出して食べ物買いに行ったりしながら退屈を紛らしてたなあ・・・
でも今年は一応部長として代表者会議に出席したり展示するもののリスト作ったりしたからやりがいがあった。
そして大きなトラブルもなく無事に終わって良かったです。

スポンサーサイト


未分類 | 01:48:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。