■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
観光班3日目~最終日
こんばんは。
イベントや採集を企画する度に悪天候になり、そろそろ参加を拒否されそうな為替です。

現在までに10回前後、採集や飲み会などのイベントを企画しているんですが、1日中晴れていたのはその内2~3回程度でした。

今年度最初の新歓の下見は暴風雨で始まり、
4月下旬の新歓採集は雪が降り、
5月の気仙沼採集は山で小雨、
6月の新歓会も室内のクセに外が雨だったし、
9月の北海道合宿でも化石班の産地に雨が降りましたね。

極め付けは昨日開催した芋煮会で3回もの雨に見舞われました。
予報は晴れだったんで半袖着ていたら見事に風邪ひきました。

予報が晴れにも関わらず大半の人が傘を準備していたのが精神的にキツかったです。

自分の参加≫気象庁の予報 か。



さて、北海道合宿の化石班B、後半です。

1日目~2日目はほぼ化石班Aに同じでした。

隊長の記事に書いてありましたが、2日目の三笠採集では指をぶっ叩きました(ノД`)
マンガは指が腫れますが、実際は爪が内出血して紫色になるんですね…
そっから一週間ひたすら疼痛鈍痛。左手でモノ掴めない(´;ω;`)
化石班Aだったらその後同行しても指が痛くて化石割れなかったです…


3日目。
民宿アンモナイトを出発したB班は、A班と別れて旭山動物園に行きました。
動物さん可愛いですね。
ペンギンにカメラ向けたらノリノリでこっち向いてくれました。
DCF00046.jpg
動物ブログではないのでさらっとしか書きませんが、全体的に動物たちは寝てるかボーっとしてましたね。
真昼間から昼寝とは良い御身分ですこと…^^;

その後、旭川から4時間かけて札幌へ。
既にこの時点で6時間ずっと1人で運転しているので色々とキてます。
同じ交差点でクラクション2回も鳴らされました(T T)


札幌では名物のジンギスカンを食べて長旅の疲れを癒します。
DCF00030.jpg
(サッポロビール園にて)

夕飯食べ終わったところで午後8時半。
宿に戻るにはまだ早い、と周辺の施設を見まわすと、ビール園の隣にArioという複合商業施設があったので暫く時間を潰しに。

まあ何してたかっていうとトイザらスで騒いでました。
20前後の大人が3人もいると危ないですねー。時間帯によっては事案が発生しますねー。

最近のおもちゃってこんなことになってるのか。フムフム。

見るだけかと思いきやJ君がポーカーのゲームセットを購入してました。
宿に帰った後はずっとポーカーしてました。


4日目。
札幌市内の民宿を出発し、向かった先は小樽。

小樽で何をしたかというと、
これまた甘いモノ好きなJ君きっての企画で
「スイーツ巡りをしよう」と。
まっぷるに小樽のスイーツ特集みたいなものが載っていたせいでしょう。

ここまで書いておいてなんですが、動物園もトイザらスもスイーツ巡りも、
全部野郎共3人でやっていました。

何かもうムサ過ぎて。
女の子欲しかったなぁ…。

JR小樽駅近くの市場で海鮮丼を食べた後、沿岸の方に向かって歩きます。
小樽は今回で2度目なのですが、毎度思うのは「海岸部なのに坂が多い」。
駅から海へ行くのは楽なのですが、その逆は徒歩だとちょっとキツいです^^;

市内を流れる小樽運河を後目に、北菓楼のパイシュー、六花亭のバターサンド、ルタオのドゥーブルフロマージュなど色んなスイーツを見る3人。
最後のルタオ本店では2階のカフェで実際にドゥーブルフロマージュを食べました!
DCF00024.jpg

味は何というかもう一言で表せないくらい So awesome! )^3^(
クール便で仙台に持ち帰りたいくらいでしたねー。ちょっと高いけど…


小樽から戻り、夜に漸く化石班Aと合流。
そっから北海道大学のシュマの会さんと懇親会を開催しました。
あんまし記憶にないのですが

・体重=煩悩
・パセリ
・パセリinスマホ
・ryoheiさん乱入
・ハト出せハト
・ウサギ出せウサギ
・大腸菌ぶわあああああああ
・いるま


こんくらいの断片ならすぐ思い出しました。
というか後半の話題が全部(その場にいないにも関わらず)ryoheiさんだったような。

この時に初めて化石班Aの惨状産状を知りました。何かゴメン。

懇親会のあとは各自自由行動。

大半はホテルに戻りましたが、
1年生の男子部員2名が夜のススキノに消えて行きました。

何してたんだろう…(。Д゚;)


5日目。
この日は化石班AB合わせて札幌市内をぶーらぶら。
集合時刻を決めてほぼ自由行動。

自分は地下鉄に乗って、水曜どうでしょうでお馴染みのHTB本社に行ってきました。
DCF00020_20131014023729709.jpg
(本社内に突っ立ってたonちゃん)

ノブナガやロケミツといった、ああいった運任せの旅番組は個人的にとても好きです。

他の部員も思い思いの観光をしていたみたいです。
中には札幌の建造物や街並みを見て感動して後は昼寝してたって部員もいましたが。
来年地理班誕生しそう。


そんな訳で合宿の全行程が終了し、苫小牧港で鉱物班と合流。
見たところ何かすげー楽しそう。すげー笑ってる。すげーイキイキしてる。すげーお土産(鉱物)もってる。

どう見ても化石班と鉱物班の戦果が雲泥。霄壤。月と鼈。提灯に釣鐘。
その時の化石班Aの表情は忘れられません。

その後フェリーに乗った地ゼミ一行は翌日無事に仙台港に着きましたとさ。めでたしめでたし。

帰りのフェリーで見た天の川、キレイだったなぁ…

兎にも角にも、全員無事帰ってこれて胸を撫で下ろすことができました。

来年化石班はリベンジしよう!


次回は隊長宜しくー。
てか鉱物班も記事書いてよー。
スポンサーサイト


イベント | 03:02:46 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
onちゃん!
2013-10-16 水 20:43:40 | URL | obs [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。