■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
帰省合宿at茨城
どうも、地元の友人たちとのカラオケ帰りのSD♀です。
このごろ歌える曲がネタ曲ばかりになってきてます。

先週の金曜日に母の運転する車にS山くんとS口くんと共に乗りこんで栃木に帰省しました。(三人とも同じ地域出身)
途中で茨城の鉱物産地で採集をしてきたのでその報告です。Sがつく名前ばかりで読みづらいけどご容赦くださいな。
そもそもこの巡検は、THさんの「SD♀さんの実家に遊びに行ってスイカを食べたい」という意向を受けて計画したものだったんですけどね。言い出しっぺどこいった。

一カ所目、錫高野。
錫高野というくらいですから昔は錫が採れたのですが、最近ではあまり見あたりません。
今回の採集ではトパーズが主なターゲットでした。
枯れ沢に転がる石英質の石に入っているトパーズを探すのですが、トパーズも水晶と同じく無色透明だし小さいしで慣れるまで見つけづらいです。
トパーズ
一部分だけ、結晶面に何本も平行な筋(条線といいます)が光っているところがわかるでしょうか?
それがトパーズの結晶です。水晶と違って柱面に縦に条線がはいっているのが特徴です。(画像では結晶が横になっているので、条線も横方向に見えています)
また、水晶よりも屈折率が大きいので手の中で傾けると、一カ所だけ、きらりと光る感じがします。

トパーズと水晶の相違点はほかにもいろいろとあるんですが、こう小さいと判断がしづらいです。
そのせいでS口くんが踊らされまくってました。ひとつの石を丹念に見るのは良いんですが、ちっっっっちゃな結晶も見つけてしまうので
「………………どっちだ…!??」
となることの繰り返し。
対してS山くんは、石をざっと見ては次の石、ざっと見ては次の石という方針で見事わかりやすいトパーズの結晶をゲットしていました。性格のせいでこうまで収穫に差がでるとは…、おそるべし。
良い結晶を見つけたとたんに気が大きくなってS口くんにダメだしするあたり、S山くんは安定してた。
そういえばトパーズは11月の誕生石だし、11月生まれであるS山くんがきれいなトパーズを見つけられて良かったのでしょう、多分。ちなみにS口くんの誕生日は知らないごめん。

以前は10mmくらいの結晶が採れたこともあるのですが、今回はそこまでのものにはお目にかかれませんでした。残念です。
洋紅石が出たという話もあるらしく、石英がやたらと割られまわっていました。また、ここでは球状雲母に共生して蛍石もでます。が、球状雲母も遠くから採りに来る人がいるそうで、良い標本は採り尽くされていました…。
それでもS山くんは、先人達の割った残り(過去レポともいう)から球状雲母の中に紫色の蛍石が埋もれている標本を見つけ出すことに成功してましたよ、解せぬ。
それ以外にもいろいろな種類の鉱物を拾ってきたので、以下その画像をならべます。

錫石(黒っぽいとこ)
錫石

フッ素燐灰石(表面のツブツブ)
フッ素燐灰石

ハロイサイト(緑っぽいとこ)
ハロイサイト

六面体結晶の蛍石?
蛍石

採集した鉱物の画像の流れにしれっと帰りに拾ったミヤマクワガタいれようかと思ったけどやめた。
虫キライな人もいそうですし。
ちなみにミヤマさんは倒木にくっついて弱ってそうだったので活きのよさそうな木にうちの母がリリースしてきました。
活きのよさそうな木が見つかるまではうちの母が腕にくっつけて歩いてました。小学生男子かよ。


二カ所目、妙見山。
ここのペグマタイトはリチウム元素が多く入っている珍しいものだそうで、天然記念物に指定されているので持ち出し禁止です。露頭やその周辺でペグマタイトの観察はできるので見に行ったのですが、
草、草、草……
少なくとも数年前は足下がペグマタイト特有の白い石で覆われていたのですが、草が生い茂っていてそんなもの見えない。
それでも一応「持出禁止」の看板のまわりで記念撮影してきました。
この数年の間に来る人が激減したのだろうか…、と思いきや割られた石がすぐそばに放置されていました。
ペグマタイトの白い割跡が卯の花のように鮮やかでしたよ。夏草や 盗人どもが 夢のあとってか。
せっかくなんで割られた石も観察してきましたけどね。ダメですよ皆さん、天然記念物盗んだら。
それにしても、鉱物や化石の産地ってこういうふうに保護されて風化していくか、枯渇するかの二択しかないんでしょうか…。
採集マナーはきちんと守らなきゃいけませんよね。

といい感じにまとまったのでこのへんで終わりたい。
文章書くのはどうも苦手です。次にブログの記事を書くことがあったらもうちょっと顔文字を多用しよう(適当)。

次回の記事はTHさんが更新するのかな?
今週末にまた鉱物採集の企画があるので、どんな成果を持って帰れるのか今から楽しみです。
では。
スポンサーサイト


採集報告 | 01:27:23 | トラックバック(0) | コメント(1)
コメント
木を隠すには森のなか。トパーズを隠すには水晶のなか
2013-08-27 火 19:04:02 | URL | 愚っちょ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。