■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
謝罪ブログ~木曜日はごめんなさい!~
K子です。
言いたいことはすべてタイトルに凝縮しました。
なのでこれで記事を終わろうかとも考えましたが、あまりにも短いと「ふざけてる」とか言われかねないので、最近の部内派閥勢力についてでも書こうと思います。別にふざけてるわけじゃありません。


まず地ゼミには「表部長派(takitaki派)」「裏部長派(ryohei派)」「闇部長派(K子派)」という三大派閥が存在するわけです。


もともとtakitaki派とryohei派は表裏一体、ひとつの勢力だったわけでありますが、
最近I学部のryoheiがその関係にメスを入れてしまったことにより2つに分裂。
化石に例えるならば、せっかくの合弁のタカハシホタテが合弁でなくなった状態、といったところでしょうか。
そしてtakitaki派とryohei派それぞれが「帰省コンパ」「前期セメ終わり打ち上げ」と、ほぼ同時期に同じようなこと(?)を企画したことにより、冷戦状態にあった2つの派閥間の関係が浮き彫りになりました。
そんな中、K子派はいつのまにか誕生していて、中立主義であることから、漁夫の利の如く絶対的な支持を得ました。


今まではほとんどの部員がK子派だったと思われるのですが、木曜日の夜のひょんとしたことがきっかけでK子派の人間がほぼいなくなりました。
これでK子派の時代は事実上、いったん幕を閉じたわけであります。
実を言うと、木曜日の夜にryoheiがすっ〇い肉を部員に食させたことにより、ryohei派の大幅な支持率低下が予想されたのですが、ryoheiにとっては棚からぼた餅の如く幸運にも、K子の一件によってもみ消されたかたちとなりました。
これからはtakitaki派とryohei派が最大議席を目指して、火花を散らすことになるであろう、というのが世の考えでありますが、再び表と裏が一体化することを心の奥で世論は望んでいることは言うまでもありません。
こうなったら僕がタカハシホタテの右殻と左殻を接合させる接着剤のような存在になるしかない。
そう考えてこの記事を書いた次第でございます。


ということで、
今回の件の責任をとって僕は接着剤になり、部に貢献することを誓います。
         平成24年7月28日 闇部長K子


・・・以上、謝罪ブログ。
スポンサーサイト


部員のつぶやき | 03:18:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。