■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
10/18秋保巡検
こんばんは、K林です。新学期が始まり、僕の学科ではコース配属がありまして無事に第一志望のコースに行くことができました。授業も早速始まってますがやはり専門科目は一般教養科目より楽しいですね。

さて、18日に県内の秋保鉱山へ行ってまいりました。

ここ最近気仙沼やら秋田の鉱山の下見に行ったのですが遠すぎです。「50キロ道なりです」とナビ子さんに言われた時の脱力感といったら・・・
それと比べたら秋保がどれほど近いかがわかります、総距離27キロくらいですから。

ここは2度目になりますが前回は早い段階から道を間違え、道とも言えぬ山の中を歩いたのでズリを見つけた時は疲れ果ててしまい、採集をロクにせず寝てしまったので今回はリベンジしたいと思います。

今回は大きく道を間違えることはありませんでしたが本来通るけもの道が見つからず、やはり道とは言えないところを歩いていました。おかげで僕の後ろを歩く1年生達は時々滑ったり転んだりしてました。
秋保は大学から近いのが魅力の一つですがズリまでの道のりは決して楽とは言えません。特につらいのは2つの滝を越えることです。横に誰かがロープを結んでいるので登れますがそれでもすべります。

そこを越えるとひと段落つき、沢の横を歩いて行きます。この頃から黄鉄鉱の入った石がちらほらと見受けられるようになります。

PA201327.jpg

白い石英質の石にキラキラと黄鉄鉱が輝いてます、綺麗ですねえ。

それからたまに内部に晶洞があって小さな水晶がにょきにょきと成長してます。大きさは長野でとった水晶には到底及びませんが(1本1本が5ミリくらい)、僕はこういう小さくても綺麗なものが好きです。

PA201326.jpg

秋保鉱山は昔銅の採掘をしていた鉱山ということで孔雀石や水亜鉛銅鉱などの銅の二次鉱物がとれます。それらは緑や水色やコバルトといった鮮やかな色を持つことが特徴です。実は前回秋保へ来た時はこうした鮮やかなものがほとんどとれませんでした・・・2回目にしてあんなに良いものを取ってしまうと前回取れなかったN尾さん等に申し訳ない気がしなくもない・・・

PA201324.jpg

PA201325.jpg

水亜鉛銅鉱ですかね。茶色だの灰色だの地味な色しかないズリ山でこいつを見つけた時は興奮してしまう・・・
あと1枚目の水亜鉛銅鉱の写真、こいつの左側に小さな空洞があって中で白い棘状の結晶が成長してました、これなんだろう、誰か教えて・・・

あとは孔雀石なんかも。こいつは水亜鉛銅鉱と比べるとあまり良いものは拾えなかった感じがしました。何となく緑色が淡いと思います。濃いものもありましたが長野の時にとった灰クロムザクロ石に似てます。ただ後者は真っ黒なクロム鉄鉱に皮膜状でついていたので色のコントラストが綺麗で好きなのですが前者は微妙ですね・・・これに関しては一緒に行った1年生がもっと良いものを持ってたかも。

PA201328.jpg

主に水亜鉛銅鉱と孔雀石がたくさん取れて大満足の秋保鉱山でした。
帰りは長靴で歩くのが辛かった・・・ぶかぶかな履物で石の上を歩くのは足が痛くなります。それからこれは前回も同じでしたがどうも夕方のあの帰り道は渋滞しやすいのかも。くそ田舎なのにやたら混んでました、次回行く時は気をつけましょう。車内では行きはいきものがかり、帰りは中島みゆきを一番聞いてました。中島みゆきの歌声は力強くて彼女がイケメンに見えました。

宮城は鉱物産地があまりないという話を聞きますが秋保はまだまだ良いものがとれるのではと思いました。近いし黄鉄鉱はいくらでもとれるから来年の新歓で新入生を連れて来たいですが滝を登らせるのはなあ・・・

スポンサーサイト
未分類 | 02:37:22 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。