■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北海道合宿(化石班)
こんばんは、K林です。
地ゼミは8日から14日にかけて北海道合宿に行ってまいりました。そしてそれが終わったらとってきた化石や長野の水晶のクリーニングと○雀と飲み会しかやる気が起きませんでした。だからブログの更新が遅くなりました。

というか僕が書く記事の冒頭は毎回言い訳から始まっている気がします・・・

さて僕は2回目の合宿です、まずはフェリーではしゃぐ1年生達をそっと見守ることから始まります。
それから地ゼミwikiにフェリーで船長のコスプレをしているsd♂先輩の画像があったのを思い出し、skを除く参加者全員が船内にある制服を着て敬礼して写真撮りました。

一番似合うのはmsk君
いかにも船乗りっぽかったのがO石とT塚さん
ディズニーランドのドナルドを彷彿とさせたのがS阪

あと1年生達はデッキで星空を眺めたかったらしいのですがあいにくの満月、星を見るには明るすぎるよ。僕は去年帰りのフェリーでそこそこ綺麗な天の川を見たけどね、ふふふ。

9日午前11時、苫小牧港到着
さっそくレンタカーを借り、鉱物班と分かれます。そっちも良い鉱物とれるのを期待してるよ~

僕ら化石班は札幌で北大シュマの会のB氏を車に乗せて丸1日かけて中川町まで北上します。車内では終始B氏の札幌、北大、北海道の自然の偉大さについての話で持ち切りでした。大学近くの川で魚を釣って食べる、金のない時に家の裏で魚釣って食べて節約してる学生がいる、巡検地でうまい山菜を食べる、そして世界に誇る北海道産アンモナイトのすごさについて・・・北の大地は本当にすごいです、アウトドアをするなら国内で北海道の右に出るところは無いでしょう。

丸1日車での移動日で大丈夫なのか?ってちょっと思ったりもしました、退屈しないのかと。
正直あんまり退屈しません、景色が良いのですから。特にB氏イチオシの望来からの眺めは最高でした。

望来

中川町へ着いたのは日付が変わった頃でした、さっさとキャンプ場で寝袋敷いて寝ましょう。

翌10日。僕は初めて寝袋で寝たせいか、それとも畳のせいか、あまり眠れず・・・
開店早々セイコーマートで食べ物を買っていざ沢へ!!


・・・あの、雨降ったんですけど・・・・
沢には入れたけどコンディションは良くない。遂に僕が雨男か・・・大体何で2年連続で合宿の時に降られるんだ、おかしいだろ。ちなみにこの時為替先輩は外国から帰国したばかりでした、多分関係はない。

降ったり止んだりでしたが僕は何とか良いもの取れました、こいつが一番のお気に入りです。
P9121145.jpg

僕はあんまり詳しくないけどゴードリセラスでしょう、Gaudryceras tenuiliratumですかね?種小名まではよくわかりません。
それまでノジュールを割ってもアンモが真っ二つになることが多くて悲しい思いをしていただけに、こいつをハンマー1発で綺麗に出した時は叫びましたね。いやあ、本当に綺麗な縫合線です。多少泥がついても良いからこいつに頬ずりしたいくらいだ。

それからこれ、Neopuzosiaですね(多分)。
P9211240.jpg

異常巻きなので最初の方は見つけて興奮してたけど普通種だと知ってちょっと冷めてしまったPolyptychoceras
P9211242.jpg

1年生達もそこそこ取れてたみたいなので良かったです、去年の僕みたいにアンモ取れないなんていう悲劇に見舞われなくて本当に良かった。イノセラくらいしか取れなかったってどういうことやねん。

さらに上流へいくとまさかの第三紀の層に突入か・・・?まったくノジュールが見つかりません。というか「第三紀」という時代区分は非公式になりつつあるようですね。まあとにかく白亜紀の層ではなくなったらしいので引き返しました。そして入渓地点に近いところまで戻ると再びノジュールが出てきました、良かった良かった。

11日、雨のせいで予定が狂う。沢登りではなく某露頭での採集にシフト、露頭なら我々本州勢の出番です。
シュマの人たちは2,30分で飽きるらしいですが我々は2時間粘りました。僕が母岩から、B氏がノジュールからメタプラを取りました。

その後は道の駅「なかがわ」で巨大アンモ(下の画像)に圧倒され、ハスカップソフトを食し、アマチュアアンモハンターのコレクションを鑑賞した後に三笠市へ。湯の元温泉旅館で名物の鴨鍋を食べました、これがまた絶品。そうだ、もうすぐ寒くなる季節だし地ゼミで鴨鍋出来ないかな、絶対うまいよ。

ゆーぱき


12日、当初の予定地周辺に大雨が。この頃札幌とかでは避難勧告が出ていたそうな。これもはや運が悪いとかでは済まされないレベルだ・・・
この日は某産地で軽く採集をしてから三笠市立博物館へ(B氏の素晴らしい解説付き)。去年も行きましたが、ある程度の知識をつけてから再び来るとようやくここのすごさがわかってきました。まず圧巻の大型アンモナイトが出迎え、左から種類ごとに分類されたアンモ達を眺め、外国産のストロマトライトや三葉虫を華麗にスルーし、エゾミカサリュウの頭骨や現生のオウムガイを観察してました。特別展か何かみたいで、水槽に3体のオウムガイがいました。丸いシルエットでプカプカ泳いでるのを見てると何だか可愛く見えてきます。

三笠市は石炭の採掘で栄えた町でもあります。それは(開拓のためではあるが)日本で3番目に鉄道が敷かれるくらいです。ちなみに1番目は新橋~横浜間!2番目は大阪~神戸!何が面白いって三笠市というはっきりいって小さな町がこれら大都市と肩を並べることよ。
そんな三笠市には「石炭ザンギ」なる真っ黒な唐揚げザンギを提供しているお店があったのですが、札幌で行われていた「オータムフェスト」に出店していたため食べれず・・・

そしてこの夜、シュマと飲み会をするために札幌へ。
シュマの人たちは相変わらず愉快でした、ryoheiさんが猛烈に羨ましがるのもよくわかります。酒瓶を抱えてる1年生女子がいたりハウエリ(アンモ)に七味ぶっかけて爆笑してたりと・・・僕は大学入試の時に北大も良さそうだと考えたりもしました、北大にいってたら多分シュマに入ってニッポニテスとってたりして。

そういや恒例だった記念写真の撮影をしてなかった、残念・・・

13日、札幌観光。
昨年行けなかった北大総合博物館、道庁旧本庁舎、さっぽろテレビ塔などへ。テレビ塔ではミネラルショーがやってて、僕は小平町産のノジュールと「北海道羽幌地域のアンモナイト 森伸一著」を購入。本当は自分の誕生石であるアクアマリンも欲しかったけど如何せん値段が15000円というね、無理ですよ。

さらば札幌、次訪れるのは早くて来年5月かな。正直仙台駅より札幌駅の方が好き(浮気)。

帰路では苫小牧港に着くのが意外に遅れました、N尾さん始め鉱物班には心配と迷惑をかけた、すまぬ。
フェリーに乗ると急に合宿が終わろうとしていることが実感される。寿司やフルーツ食べ放題のバイキング、やや狭い2等客室、恐怖を呼び起こすように真っ暗な海・・・先輩達を見てると来年の夏は課題や実習で忙しくて合宿に行けないかもしれないからなあ、多分最後の合宿か。

14日、素晴らしい朝。デッキが青色で天気は晴天で視界一面が青!この美しい風景を楽しんだら船内で優雅に牛乳とホットケーキを食す、贅沢なり。

あお1

あお2

あお3


仙台港に着いたらそれまで撮っていなかった地ゼミ集合写真を仙台港でパシャリ、「なんで北海道じゃねえんだよ」って言わないでくださいお願いしますすいませんでした。

振り返ってみるとケガ、事故はありませんでした。アンモもとったしうまいもん食べたしみんな、楽しんでくれたことでしょう。
1年生達よ、来年はちゃんと晴れ男を連れていくこと、事前にノジュールがどういうものか1年生達に教えておくこと!

以上です、駄文失礼いたしました。

スポンサーサイト
未分類 | 02:49:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
長野巡検4日目+雑記
こんばんは、部長のK林です、ただいま午前2時45分でございます。

実は今日の7時半に用事があり、それに遅れるわけにはいかないので徹夜を決行することにしました。そして眠気を催さないためにブログを更新することにしました。
そもそもその予定に間に合うように就寝すればよいのですが、前日に餃子パーティーと「エヴァQ」の観賞会を開いてしまい、その上麻雀を一半荘やってしまったのでこんな時間になってしまいました。

今日は長野巡検採集日の報告をいたします。「誰か書いてくれないかなー」ってそれとなく隊長あたりに催促したつもりですがそれくらいでは100%書いてくれないのが地ゼミです。地ゼミ部員は共に計画を立てるのは面倒くさがりますが予定が決まって募集をかけるとワラワラと集まる習性があります。

さて最終日ですが通常通り朝は早いです。8時に出発するので朝食は7時ごろになりますが、生活リズムが崩壊してる僕には非常につらいものがあります。
僕らが泊まった旅館はかなり古くて朝食を食べてても横に平気で虫がウロチョロしてます、そんな虫共とも今日でおさらばです。

朝食の後は出発の準備をしてから旅館の入り口で記念撮影をしました。

4日間、お世話になりました!!

本日の予定は「ズニ石」という鉱物の産地と1日目に行った水晶産地です。

ズニ石の産地は割と近くに車を停めることができ、比較的アプローチしやすい産地と言えます。我々が一番最初に集合したJR佐久平駅からも車なら割と行きやすいと思います。
そしてこの日は天気に恵まれました。雨の心配は全くなく、一日中晴れやかな気持ちで採集することができました。

さて、この「ズニ石」というやつですが、見た目はかなり地味です。形は綺麗な正四面体をしているのですが、如何せん小さいのがよろしくない。大きくても3ミリだとミネラルハンターの方は言いました。

残念ながら僕が持ち帰ったズニ石はいつのまにか酸化されてしまったのか、赤茶けてしまってました・・・ここに画像を載せてもあまり見栄えのしないものだろうと思われるので写真は無しです。

次は最後の採集、1日目に行った採石場の入り口付近です。

僕を含む全日程での参加者はもうどこを掘れば良いかわかっています。水晶のでるポイントをいまいち把握しきれていない途中参加者を尻目にどんどん掘っていきます。

僕はこの前日、石を割りまくって軽く1トンは割ったのではないかという疑惑もあったのですが、その勢いがまだ残ってたらしく、熊手がもどかしく思えミネラルハンターの方に、

スコップないですか!?!?!?
と尋ね、スコップを借りてメチャクチャ掘ってました。「獲物の数は割った数に比例する」というのは古今東西どこでも通用する普遍の真理らしく、一人熊手を放棄した僕は良い水晶を独り占めしてました(多分)。

その成果の中でも最大の水晶が、これ!!!
P8290898.jpg

うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!

なんて綺麗なんだろう・・・ウットリ

初日でN尾さんがとったやつよりは小さいらしいですがこいつも素晴らしいと思います、きっと酸処理をすればもっときれいな標本になるのでしょう!!
このほかにも僕はひとりだけ良さげな水晶をばっちり確保しましたとさ。

今までにとった水晶の全てをこのブログで公開するのはとても面倒ですので、是非とも見てみたいという方は10月31日、11月1日、2日に東北大学祭で過去1年間に採集した化石、鉱物を展示するのでいらしてください!

採集の後はもはや定番、スイカです。
そして食べ終わった後は後ろを走るダンプカーなんて気にもとめず、僕らは名残惜しくも片づけをするのでありました・・・

僕らが現在住む宮城県は鉱物の産地に乏しいと言われています。僕らが気軽に行ける範囲に「高温水晶」という特殊な水晶の産地がありますが、ここの水晶は形こそ面白いものの、ただのガラスだと言われてもしょうがないほど透明度がなく、僕らを満足させるには程遠いものです。

僕は以前、貝化石などがとれる県内の某産地で偶然に水晶(というには余りにもしょぼすぎる石英)をとりましたが長野に行ってしまったあとではこれはほとんど価値が見出せなくなります。
それほど長野の水晶は格別だと思います。そこには人を魅了させるに十分なほど透明な水晶があります。芸術と呼ぶにふさわしい様々なカタチをした水晶があります。それぞれの水晶の形はその成長過程を物語っていて、それを思うと僕は地球の営みの偉大さを感じたりします。

さあ、この記事を読んで長野に行きたくなった地ゼミ部員は来年の長野合宿に参加しましょう!水晶に対する関心と最低限のお金と体力があれば誰でも参加できます!!





・・・こうして若い鉱物ハンター達はそれぞれの帰路につこうとしていた。

若年ハンター達はみな新幹線で帰ろうとしたが一人ソワソワしているハンターがいた。彼は何故かシャレ乙な雰囲気の麦わら帽子をかぶっていた。彼は一人だけ他のハンターと違う新幹線に乗ることを強いられていたが何とか皆と同じ新幹線に乗れた。

彼は一人だけ高崎で降りた。・・・何故か?彼は翌日に那須塩原で他の友人と一泊する予定があったのだ。だが宿泊施設を確保していなかった彼は高崎駅で「野宿」をすることにした。ほぼ決して見つからないとある場所に荷物を置いて彼は寝る時間になるまで高崎駅をブラブラした。寝床に向かう途中、彼は和風パブのキャッチをしていたおっさんに声をかけられた。このおっさんは男だったら誰にでも声をかけるのか?俺がそんな年に見えるのか・・・?

彼は木の根元で寝たが、寝心地は最悪であり、人に見つかるのではという不安で寝付けやしなかった。すぐ右手にはコンクリートの壁があったが、時々ナメクジが這っていた・・・

彼は万が一荷物を盗まれた時のために最低限のものは肌身に離さず持っていた。それは携帯と財布とさきほど上に画像を載せた水晶と2日目にとった両錐の緑水晶であった。

未分類 | 04:21:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
長野巡検3日目
こんばんは、部長のK林です。
前回に引き続き長野合宿の報告をします。

その前に! 前回の記事で「人に勧められて飲む酒はうまい」と言ったら4年の先輩達が大いに食いついてきました・・・
うーん、まあ・・・言葉の通りではあるんですけどね・・・(4年の)先輩達はお強いですから・・・付き合いきれないです(^_^;)

さて、この間言った通り3日目の僕はやや二日酔い状態でした。この状態で一番ハードな予定をこなすのかと考えた時は少し憂鬱でした。

この日登る山ではキャンプ場やロッククライミングなどもやっているらしく、駐車場付近にはテントが張ってあり、山並みには切り立った崖がたくさんありました。それから駐車場へ向かう途中、道路の両側に生えていた白樺の白と森の緑、そして低いところに生えていた花の黄色がとてもきれいでした。これは東北ではなかなか見られる風景ではないと思います、ぜひ長野へ行きましょう!

駐車場へ車を止めていざ登山!
美しい水晶は険しき道の果てにきっとある!

・・・って気合い入れたつもりでした。最初は横に流れる川を見ながらピクニック気分で歩いてました。でもやっぱり疲れますね。
僕らの巡検って普段は楽なものだと車を産地に横付け、疲れるということに関してはトップクラスだと思ってた岩手県の某産地でも僕の足で片道40分ほどです。ところが今日の巡検の予定では「片道3時間」です、ヒィ~~~~~~ッ!!

沢を越え岩の斜面を登りコケなどで足場の悪いところを進んでゆきます・・・

しばらくすると道に水晶の母岩のカケラや小さな水晶が落ちています。僕はそれを見つけるたびに立ち止まってじーーっと眺めるのですがそんなものは「何もとれなかった場合の帰り道で拾えばいい」そうです、上にはどんな水晶があるのやら・・・

ちなみにこの頃、しょーーーーーもないダジャレを思いついたのですが目的地に着くまでとっておくことにしました。

沢を越え、枯れ沢そばの斜面を登る頃にはさらに立派な水晶が転がってました、本当にこの産地はすごいですね、ここにあるのはもはや「水晶のズリ」です、石ころじゃないんですよ!

ちなみにこの日の天気は(山のせいか?)雨でした。標高2000メートルくらいのある場所ではコケが倒木などにたくさん繁茂していて、コケをめくって露わになった斜面を掘ると水晶が出てくる。
その風景、まるで「もののけ姫」に出てきそうだ、と部員の誰かが言ってました。

「もののけ姫」に出てくる森は鹿児島県屋久島町の「白谷雲水峡」だそうです。
白谷雲水峡(Wikipedia)

僕らが見た風景はさらに斜面がきつくて地面が植物でふわふわしててしとしとと雨が降ってました。
険しいとこに素晴らしい風景があって、地面を掘ったら水晶が出てくる・・・なんだか物語に出てきそうな風景だと思うのは僕だけでしょうか?

これよりさらに上の岩壁が目的地です。
もうすでに水晶が見えてます、でも僕らが探すのは岩の中の「ガマ」と呼ばれる空洞です。この空洞を「晶洞」と呼び、この晶洞を見つけることを「ガマが開く」と言います。僕らの目標はこのガマを開くことなのです。

開け、ガマ!!!!!

・・・失礼しました。

僕はメシもロクに食べず一つの場所にずっとへばりついてました。
隊長は体力があるのでいろんなとこをあちこち回ってました。
N尾さんはみんなの目の届かない遥か高みへ行ってました。
S口先輩は洞窟みたいな穴に頭だけ突っ込んで「頭隠して尻隠さず」みたいな状態になってました。

あとこれは僕の勘違いかもしれないのですが、隊長がボソッと

・・・しょ~~~~~~どうっ!

って言ってたと思うんですが・・・
元ネタはB'zの「衝動」って曲か??

この場所で4時間くらい採集したのち下山しました、帰りは元来た道を帰りますがこれがけっこう危ない。登るのも危ないけど水晶を積んだリュックを背負って雨で濡れた斜面を下るのは怖いです。そして行きよりも深刻な疲労・・・「家に帰るまでが修学旅行」というのはまさにこういう時に言うのですね。

というわけでこの日の採集は以上です。そしてお待たせいたしました、結果報告の時間です。

ここの水晶は母岩にびっしり生えているのですが柱の部分があまり成長せず、頭の部分がキラキラしているのがほとんどです。それから黄鉄鉱もとれます。

まずはこれ!
nagano 06

手のひらサイズですがふたつの大きな水晶が真ん中でキラッキラしててお気に入りです。

次っ!
nagano 08

大きめだけど一つ一つの水晶はやや小さめ。そのかわり一面にびっしりついてます。できればこの向きで立てて鑑賞したいのですがそのためには下をカットしなくては・・・

あと黄鉄鉱もとりました!

nagano 09

nagano 10


ここの黄鉄鉱は立方体など、特定の形をしたものではないけどとにかく大きいです。今年度は岩手や宮城の産地で黄鉄鉱をとりましたがそれと比べたらもうすごいですよ。

宿へ帰ったらすぐ風呂&夕飯でしたがもはや疲れすぎて食欲は・・・しかも調理が遅れてるとかなんとかで、食べ終わっておなかいっぱいになった頃に天ぷらが・・・もう食えん!
夕飯食べた後は翌日の打ち合わせをしたのちにミネラルハンターの方が以前に採集した鉱物をいただきました!この合宿は化石よりも鉱物寄りの人たちが多く、この時はみんなすごく盛り上がってました。が、しかし僕は眠いし鉱物の知識に乏しいのでちょっとついていけてなかったです、申し訳ない・・・

こうして遂に濃密な時間が終わろうとしていました。

この夜は明日のために荷物を片づけなくてはなりません、合宿の終わりを否が応でも意識してしまうのでこの作業はなかなか進みません・・・ああ、あと1週間くらい長野にいたかったな、松茸水晶と立派な緑水晶と宿にあったブラジル産紫水晶みたいなやつをとってから帰りたい・・・

締めは誰かほかの人に書いてほしいな。それか僕が4日目を書いて、それとは別に他の人目線で書いたり自分がとった鉱物の自慢を書いてほしい。
「自慢したいから書かせろ!」っていう人がきっといるでしょう、勝手に書いて良いのでお待ちしてますよ。


未分類 | 22:45:46 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。