■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
悲しみの 氷雨に濡れる 三つ葉虫
こんばんは。部長の為替です。

ここ数日で急激に気温が下がってきましたが、体調管理は万全でしょうか?
自分の周りにも気温差に追いつけない人が続出しています。皆さん是非暖かい格好でお出かけ下さい。



さて、昨日まで宮城県北部を中心とした一泊二日の巡検に行って参りました。

今までの傾向から、「為替が行くと雨が降る」というジンクスが出来上がっていたのですが敢えて参加しました。

ryoheiさんから「雨降らすなよ!?フリじゃないからな!?」と念まで押されました。








雨、降りました。




流石僕ですね。揺るぎない。
信頼と実績の雨男です。







今回発掘に行ったのは、大沢層や細浦層などのアンモナイト産地。
成果は全体を通してまあまあといったところでしょうか?

ちなみに今回は東京大学から、僕らと同じく化石発掘の活動をしているMさんにも遠路遥々お越しいただきました!
更に化石ハンターの2人にも同行してもらいました!

外部からも取り込んで豪華パーティーの巡検でした。

・・・。

雨降らせて本当ゴメンナサイ!!!!(土下座)


1日目。

この日だけは文字通り雲一つない晴天。
このまま翌日まで天気がもってくれればよかったのにね。


朝4時に部室を出発して南三陸町へ。

嘘です。

予定では朝4時だったのですが、出発したのはなんと3時間後の朝7時。

1年生のNさんが3時間ほど、夢の世界から帰って来られなかったのが原因です^^;
本人が巡検に同行できた中で、3時間は恐らく今年最長記録なのではないかと思いますw

わざわざ住所まで調べ、家まで押し掛けた甲斐がありました←


そっから数時間車を走らせ、南三陸町の大沢層産地へ。

途中で寄ったコンビニで、Mさんが間違えて他の車のドアを開けてしまった事件もありました(笑)
しかも2回。


ここの産地では主にアンモナイトが産出します。

柔らかな日差しの中、ハンマー片手にせっせと転石や母岩を割っていく部員達。
2時間ほど石を割っていると、隊長がかなり良さげなアンモナイトを出しました。
131109_111023.jpg
大きさは5cmほどで、へその部分までくっきり見えるアンモナイトです。

まだ同定作業はしてないので種は分かりませんが、これからが楽しみです。

かく言う自分もアンモナイトを出しましたが…上記と比べるとクズみたいなモノなのでやめます^^;
ちなみに大きさは1cmほど。可愛いと言えば可愛いような?



2か所目は海岸に程近い、細浦層の産地。

残念ながら殆どの部員がボウズという結果に・・・
同行していた化石ハンターさんがアンモナイトの一部を採っていたぐらいでしょうかね?


これで終わるのもアレなので2日目に出会った野良猫の画像でも載せておきます。
131110_093132.jpg
(立派な虎猫だったなぁ・・・)


2か所目を去る頃には周りもすっかり肌寒く・・・

宿へ向かうため、南三陸から直接気仙沼まで車を走らせました。

この調子なら余裕で着くだろ~♪
とか思っていたら、途中渋滞に捕まって大幅スピードダウン。

フェリー発着場に着いたのは出港の5分前、乗ったのは出港1分前というギリギリもいいとこな状態。

みんな慌てまくったせいか、ryoheiさんが携帯を車内に忘れたり、全員でダッシュしたり、自分に至っては車の解錠ボタンを押しながら「あれ!?車に鍵かからねぇ!?」とか叫んでいた始末という(´・ω・`)

焦ると良いこと無いですね。


まあそんなこんなで何とか大島に到着。
大島巡検でおなじみの海鳳さんに宿泊し、海の幸に舌鼓をうちながら床に就くのでした・・・




2日目。

はーいwww雨でーすwwww

何時から降り出したのかは分かりませんが、起床して外を見た段階で地面が濡れていましたね…。

船は無事出航しましたが、暴風警報が気仙沼市全体に出ていたので下手したらryoheiさんに海に沈められていたかもしれません/(^O^)\


3か所目は本土に戻って三葉虫の産地へ。

車を降りて30分ほど登山した先に産地がありました。
山を登っている途中、雨は止んでいたのですが、
産地に到着した瞬間、雨が降り出したのは何故?

呪われてんの?俺呪われてんの?

雨は降りだしましたが、全員(但し1人を除く)雨具を持っていたのでそのまま採集を続行。
レプトダスはいっぱい出るのですが、目的の三葉虫はなかなか良いモノが出ない。
2時間ほど驟雨の中で採集をしていると、

ザァーーーーーー
ビュオオオオオオオオオオオ


山の神の怒りに触れてしまったかどうかは分かりませんが、強い風雨と気温の低下が我々を襲いました。

正直心が折れそうになりましたね(T T)
レインコートを着てても濡れるくらいの雨と風、と言えば想像できるでしょうか…
おまけに濡れた衣服が更に体温を奪い、一時採集どころではなくなったという。

131110_121328.jpg
(あまりの寒さに一同直立不動。左下を除く。)

寒い。冷たい。ガタガタガタ。
必死に体温を奪われないよう突っ立って体を震わせることしかできなかったです。ええ。

撤退も考えてryoheiさんに「撤退しません?」って聞いてはみたものの、答えはNo。

それは良いんですが、
俺が撤退を匂わせた途端に何故か雨が止み始めたという。


雨が弱まって暫くして三葉虫の産出する箇所を見つけ、岩盤をはがしたり転石割ったりするとそれなりに三葉虫が。

全員合わせて上々の成果が得られたから良かったものの、これで出てなかったら巡検として最低レベルのモノでした/(^O^)\



そんなこんなで2日間の巡検は終了。

評価としては
海鳳の夕飯と2日目の天候を足すとちょうど±0になるくらいかもしれない。




多分、今年度の巡検の参加はこれで最後になるかな…

コレ以上巡検で雨降らせたくないですしお寿司。

ある調査だと、部長が企画or参加したイベントの8割が雨らしいですよ。



では、次回は隊長の更新ですーノシ

スポンサーサイト
採集報告 | 21:24:30 | トラックバック(0) | コメント(3)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。