■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
鉱物自慢

こんばんは、最近成人式の髪型をどうしようか迷ってるTHです。
地味なのは嫌だし、かといって目立つのも避けたいし…
う~ん、悩みますね(-"-) 男の子はスーツだし、楽でいいな!


そういえば最近めっきり部室に顔を出さなくなりました。 最後に部室行ったのいつだっけ?
副部長のくせに採集にも部室にも来ないとなると結構風当りも強くなってくるので(主に部長、隊長あたりから)、来週掃除しに行きますね(*_*)



それより、金曜に更新とか遅くない?って思った方もいるでしょう。

すみません。忘れてました。
今日(昨日?)隊長が忘れていることを教えてくれて、今必死に書いてます!(>_<)



で、更新忘れに気付いたのはいいのですが、実は私、夏休みの長野巡検から1度も採集に参加していません。


はい、話題がありません。



なので今回は私の鉱物自慢にしようと思います。
化石派の皆さん、少しの間お付き合いください。



まずはこれ!


quartz 2013824 nagano inclusion

水晶(インクルージョン入り)です。
透明度が高くて、頭の先まで綺麗に面が揃ってます。よく見ると根元の方に白い球体が入ってます。
写真では分かりにくいですが、実物を見るとマリモの白バージョンみたいで、ふわふわしててかわいいですよ(◌´v`◌)



次はこれ!

garnet 2013824 nagano No4

柘榴石です。
一番大きく映ってるやつでだいたい0.7mmで、直径15cmくらいの母岩に生えたのを持ち帰ってきました。結構重いです。
色はあまり良くないですが、一応黒光りしてて結晶面も綺麗に出ているので、「THE 柘榴石!」って感じです。



大きな結晶がボン!っと生えているのも良いですが、小さな結晶が密集しているのもまた綺麗です。

garnet 2013824 nagano No2

この柘榴石も上の写真のと同じ母岩に生えているやつです。
写真では見えづらいですが、小さな柘榴石がみっちり生えてて見飽きません。



さらに次は上の2つとは違って、赤くて透明感がある柘榴石です。

garnet 2013824 nagano No3

採ってきたときは土まみれで汚なかったのでしばらく放置していたのですが、クリーニングをして驚愕しました。
今一番のお気に入りです(‘ー‘)


…何かほぼ柘榴石ですね。
ま、綺麗だしいっか!



これらは全部文化祭に展示したので、地ゼミの教室に来て下さった方はもしかしたら覚えててくれてるかもしれませんね!(^^)


じゃ、今週はこの辺で!

来週はF山君です(^^)/~~~


スポンサーサイト
未分類 | 02:07:10 | トラックバック(0) | コメント(2)
味覚の秋、スポーツの秋、巡検の秋?
来年春にアメリカに短期留学することが決まりました、隊長です。
頑張って会話してきます、コミュ障だけど…( ̄▽ ̄;)

さて、北海道合宿の報告や学祭やらをブログのネタにしてる間、
地ゼミではryoheiさんの「秋は稼ぎ時やで!!毎週のように巡検行ったほうがいいで!!」の教えのとおり、
ほぼ毎週末巡検に行っていました。特にryoheiさんの出席率の高さがヤバかった…

そう、実は芋煮の次の日も、学祭一週間前で忙しいはずの週末も、
意識の高い地ゼミ部員は産地に足を運んでは石を割り、化石(時に鉱物)を採り、
自分のコレクションを(時には黒歴史も)増やしていたのです!(`・ω・´)


というわけで、今日は話はだいぶ前に遡り、
10月に入る直前の、大学の夏休み最後の週末の巡検を振り返ってみようと思います。

…というか、冬になると雪が降って巡検に行けなくてネタが尽きるので、たぶん12月以降は秋の巡検を総復習することになりそうです…(´-ω-`)


この時の採集は、実は先週為替が更新していた南三陸町のアンモナイト産地の下見を兼ねた巡検でした。

早朝から南三陸町へ出発。まずは細浦層の産地へ。


とりあえず割ってみると確かに化石があるっぽいような感じの跡が…。
でも、量自体それほど多くないようでしたね。

1時間半たったぐらいにSD♂先輩を筆頭に先輩方3人が小さなアンモを掘り出して、
残りの僕と1年生のK林君はとにかく必死に石を叩いてました(;´д`)

そして、そこでの採集を終える予定時間まで残り5分に差し掛かった時、
僕はようやく直径2㎝台のアンモを出すことに成功し、とりあえずは安堵ε-(´∀`*)

ここまできたらK林君がアンモを出すまで粘ろうという話になり、採集を続行。
あと、産地を汚さないために岩片で露頭を埋める作業も。


自分が攻めていた露頭を埋める作業に取り掛かろうとしていたとき、

「隊長、そこ割ってみたら?」

と埋めようとしていた露頭を指差しながらK子さんが言いました。

(確かにおいしそうな岩がまだ残っている…時間もあるし割ってみるか…(・ω・))


そう思いながら、ハンマーで岩を割り、出来たヒビにバールのようなものを入れてこじ開けてみました。

すると…

ホソウレイテス_convert_20131118004617


岩と岩の隙間からコイツの肋が見えたときは思わず「うわっ!!Σ(゚д゚lll)」と声が出たものです(´Д` )

種類は恐らくホソウレイテスであると思われます。図鑑によれば、細浦層では多く産出している種のようです。

北海道での惨劇の後だったので、こいつがだいぶ心の支えになってくれましたよ(´Д` )

そして、気仙沼大島以来の「なんでお前が採ってんの?」感

「お゛れ゛が゛わ゛れ゛ば゛よ゛か゛っ゛た゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!゛!゛!゛!゛(゜´Д`゜)」
とK子さん。

結局、K林君はこの産地ではアンモを取れずに終わってしまいました。
なんか悪いね、ホント…(;´д`)


その後、大沢層の産地でもトライ。

そこではK林君はアンモを取れてたみたいなので安心しました( ´ ▽ ` )

僕も一応アンモを採りましたがブログに載せるほどのものではないので割愛。


昼を少し過ぎたあたりで、もう一つ別の産地へ。

ここはあんまりアンモが取れてない場所のようで、割っても割っても貝のような何かしか出てこず、皆ボウズで終わりました。

波しぶきは物凄かったですが…( ゚Д゚)

DSC00495_convert_20131118004333.jpg

ざっぱーん

帰りは近くの温泉でさっぱりして、皆で海鮮丼を食べて帰りました。
先輩方、海鮮丼おごって戴き、ありがとうございますm(_ _)m
自分も来年は巡検で後輩におごってやれる先輩になろうと思います。

次はTHさんかな?そろそろネタ尽きてやばいんじゃないのか?(^_^;)

採集報告 | 00:59:39 | トラックバック(0) | コメント(2)
悲しみの 氷雨に濡れる 三つ葉虫
こんばんは。部長の為替です。

ここ数日で急激に気温が下がってきましたが、体調管理は万全でしょうか?
自分の周りにも気温差に追いつけない人が続出しています。皆さん是非暖かい格好でお出かけ下さい。



さて、昨日まで宮城県北部を中心とした一泊二日の巡検に行って参りました。

今までの傾向から、「為替が行くと雨が降る」というジンクスが出来上がっていたのですが敢えて参加しました。

ryoheiさんから「雨降らすなよ!?フリじゃないからな!?」と念まで押されました。








雨、降りました。




流石僕ですね。揺るぎない。
信頼と実績の雨男です。







今回発掘に行ったのは、大沢層や細浦層などのアンモナイト産地。
成果は全体を通してまあまあといったところでしょうか?

ちなみに今回は東京大学から、僕らと同じく化石発掘の活動をしているMさんにも遠路遥々お越しいただきました!
更に化石ハンターの2人にも同行してもらいました!

外部からも取り込んで豪華パーティーの巡検でした。

・・・。

雨降らせて本当ゴメンナサイ!!!!(土下座)


1日目。

この日だけは文字通り雲一つない晴天。
このまま翌日まで天気がもってくれればよかったのにね。


朝4時に部室を出発して南三陸町へ。

嘘です。

予定では朝4時だったのですが、出発したのはなんと3時間後の朝7時。

1年生のNさんが3時間ほど、夢の世界から帰って来られなかったのが原因です^^;
本人が巡検に同行できた中で、3時間は恐らく今年最長記録なのではないかと思いますw

わざわざ住所まで調べ、家まで押し掛けた甲斐がありました←


そっから数時間車を走らせ、南三陸町の大沢層産地へ。

途中で寄ったコンビニで、Mさんが間違えて他の車のドアを開けてしまった事件もありました(笑)
しかも2回。


ここの産地では主にアンモナイトが産出します。

柔らかな日差しの中、ハンマー片手にせっせと転石や母岩を割っていく部員達。
2時間ほど石を割っていると、隊長がかなり良さげなアンモナイトを出しました。
131109_111023.jpg
大きさは5cmほどで、へその部分までくっきり見えるアンモナイトです。

まだ同定作業はしてないので種は分かりませんが、これからが楽しみです。

かく言う自分もアンモナイトを出しましたが…上記と比べるとクズみたいなモノなのでやめます^^;
ちなみに大きさは1cmほど。可愛いと言えば可愛いような?



2か所目は海岸に程近い、細浦層の産地。

残念ながら殆どの部員がボウズという結果に・・・
同行していた化石ハンターさんがアンモナイトの一部を採っていたぐらいでしょうかね?


これで終わるのもアレなので2日目に出会った野良猫の画像でも載せておきます。
131110_093132.jpg
(立派な虎猫だったなぁ・・・)


2か所目を去る頃には周りもすっかり肌寒く・・・

宿へ向かうため、南三陸から直接気仙沼まで車を走らせました。

この調子なら余裕で着くだろ~♪
とか思っていたら、途中渋滞に捕まって大幅スピードダウン。

フェリー発着場に着いたのは出港の5分前、乗ったのは出港1分前というギリギリもいいとこな状態。

みんな慌てまくったせいか、ryoheiさんが携帯を車内に忘れたり、全員でダッシュしたり、自分に至っては車の解錠ボタンを押しながら「あれ!?車に鍵かからねぇ!?」とか叫んでいた始末という(´・ω・`)

焦ると良いこと無いですね。


まあそんなこんなで何とか大島に到着。
大島巡検でおなじみの海鳳さんに宿泊し、海の幸に舌鼓をうちながら床に就くのでした・・・




2日目。

はーいwww雨でーすwwww

何時から降り出したのかは分かりませんが、起床して外を見た段階で地面が濡れていましたね…。

船は無事出航しましたが、暴風警報が気仙沼市全体に出ていたので下手したらryoheiさんに海に沈められていたかもしれません/(^O^)\


3か所目は本土に戻って三葉虫の産地へ。

車を降りて30分ほど登山した先に産地がありました。
山を登っている途中、雨は止んでいたのですが、
産地に到着した瞬間、雨が降り出したのは何故?

呪われてんの?俺呪われてんの?

雨は降りだしましたが、全員(但し1人を除く)雨具を持っていたのでそのまま採集を続行。
レプトダスはいっぱい出るのですが、目的の三葉虫はなかなか良いモノが出ない。
2時間ほど驟雨の中で採集をしていると、

ザァーーーーーー
ビュオオオオオオオオオオオ


山の神の怒りに触れてしまったかどうかは分かりませんが、強い風雨と気温の低下が我々を襲いました。

正直心が折れそうになりましたね(T T)
レインコートを着てても濡れるくらいの雨と風、と言えば想像できるでしょうか…
おまけに濡れた衣服が更に体温を奪い、一時採集どころではなくなったという。

131110_121328.jpg
(あまりの寒さに一同直立不動。左下を除く。)

寒い。冷たい。ガタガタガタ。
必死に体温を奪われないよう突っ立って体を震わせることしかできなかったです。ええ。

撤退も考えてryoheiさんに「撤退しません?」って聞いてはみたものの、答えはNo。

それは良いんですが、
俺が撤退を匂わせた途端に何故か雨が止み始めたという。


雨が弱まって暫くして三葉虫の産出する箇所を見つけ、岩盤をはがしたり転石割ったりするとそれなりに三葉虫が。

全員合わせて上々の成果が得られたから良かったものの、これで出てなかったら巡検として最低レベルのモノでした/(^O^)\



そんなこんなで2日間の巡検は終了。

評価としては
海鳳の夕飯と2日目の天候を足すとちょうど±0になるくらいかもしれない。




多分、今年度の巡検の参加はこれで最後になるかな…

コレ以上巡検で雨降らせたくないですしお寿司。

ある調査だと、部長が企画or参加したイベントの8割が雨らしいですよ。



では、次回は隊長の更新ですーノシ

採集報告 | 21:24:30 | トラックバック(0) | コメント(3)
進撃のスマブラ班 ~祝! ベスト3(DX)、準決勝進出(64)、ベスト8(64)~
こんばんは、F山です。
昨日ブログを更新しようとしたのですが、自宅に帰ってまもなくぶっ倒れてしまったので、今日更新となります。
土日の八木山はバスの始発が7時45分なので、集合時間の8時に間に合うように早朝に歩いて川内まで来ていた疲れが出ていたのだと思います。

言い訳はさておき、先日の三日間は学祭でしたね。
今回のブログでは、地ゼミの出し物について説明してから、少し東北大学スマブラ大会の様子を書いていきたいと思います。

スマブラの記事に関しては、ついて行けない部員が多数いると思うので、前半の記事だけを見ることをお勧めします。

まずは化石班の様子です。
化石班はポスターによる地質年代と化石山地の説明や化石の展示をやりました。
コアなお客さんの中には、わざわざカメラで撮影している人もいました。

131103_1604~001
地質年代のポスター

131103_1605~002
化石の展示の様子

131103_1604~002
化石産地のポスター

鉱物班は鉱物の展示を行いました。
水晶や菱マンガン鉱などが展示されていました。

131103_1605~001
鉱物の展示の様子

地理班は仙台市周辺の様子を、立体地図を用いてわかりやすく説明していました。
この立体地図を作るためにT中君とK田君は仙台市内を2つのルート二日かけて歩いて坂道をこまめに調べて作ったようです。

131103_1605~003
仙台市周辺の段丘面の様子を示す立体地図


地ゼミの出し物はこんな感じでした。
無料のくじを引きに来てくれる人もたくさんいたので、そこそこ良かったんじゃないかと思います。



さて、スマブラ大会についてです。
このブログのタイトルにもあるように、地ゼミスマブラ班は東北大学スマブラ大会で快挙を成し遂げました。

まずは、ベスト3入りを果たしたスマブラDXについて。

Mt.s君はピーチで出場し、大学祭二日目では26人の参加者の中で見事決勝トーナメント進出を果たしました。
三日目の試合では北日本大会の出場経験もある選手と対戦しました。
三本先取の試合で五回戦まで持ち込み善戦したものの、今一歩届かず負けてしまいました。

ですが、ベスト3入りを果たしたMt.s君は景品としてゲームキューブコントローラーを手に入れることができ、そのことにはとても満足していたようです。(下)

131103_1558~001


次にスマブラ64について。

スマブラ64では僕が参加し、51名が参加した乱闘戦では準決勝進出を果たし、40名が参加した個人戦では決勝トーナメントまで進出しベスト8という成績を残しました。

大学祭2日目の個人戦ではフォックスで出場しました。

決勝トーナメントでは、ネトスマで四段経験のあるヨッシーに1ストック差で負けてしまいましたが、景品としてうまい棒30本入りを手に入れることができました。

131102_1654~001
敗者復活戦の様子

少しスマブラよりのブログになりましたが、今日はここまでです。

次は為替部長が更新してくれます。

それではまた。


未分類 | 22:23:04 | トラックバック(0) | コメント(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。