■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
北海道合宿報告 part3 化石組3日目
ども、最近朝型生活に体質を矯正しているTakitakiです。

まあ、長かった夏休みも今日で終いで明日からは大学も始まりますからね。いつまでも夜型でいるわけにはいかんのですよ。

それはともかく今日のネタですが北海道合宿化石班3日目です。
本当は今日クリーニングした化石を紹介しようかと思ったのですが、生憎部室に標本を置いてきてしまったのでしぶしぶ採集記を書くことになりました。

んでまあ、化石班の3日目なのですが、この日から化石班は本格始動って感じでしたね。
いよいよアンモ産地の沢に入るわけです。ワクワクって感じでしたね。

昨日と同じようにシュマカーと地ゼミカーに分かれてロッジを出発。
数分間山道を行くと林道に入ります。
林道の空き地に車をとめて、更に林道の奥へ。
…まあ、当然左右はいつヒグマがエンカウントしてもおかしくない山なので大きな声でしゃべったり、クマ鈴鳴らしながらの行軍です。
林道を歩いて数十分。すると清らなせせらぎが。これが今日のターゲットのN川です。

さっそく沢に入るとすぐにノジュールを発見。案外とあっさりと見つかりました。
とりあえずryoheiがとった地ゼミ第一号の写真を上げておきます。

テトラゴニテス
テトラゴニテス・ポペテンシス(Tetragonites popetensis)です。(ryohei標本)

光沢がきれいないい標本です。これならこの先期待がもてる!!
ってことでノジュールを求めて時には貪欲に、時には慎重に、時には我先にと上流を目指して沢を遡上していきます。
私もこの産地ではいくつかアンモを採集できたのでそのうち写真をアップしたいと思います。

…ここでちょっと脱線するのですがこの産地は山の中で当然携帯の電波は届きません。
ですが一瞬だけ電波が届く場所があって、偶然その時に私の携帯に電話が来ました。
観光班からです。何?っと思って電話に出ると、

「事故った!事故った!事故った!…電柱が…ブツッ。プープープー…」'(⇐電波が悪くて切れた)

どうしようかと一瞬迷いましたがまあ、大丈夫だろうということで(鬼か)採集に戻りました。
ちなみに車は電柱にこすっただけでたいしたことありませんでした。(レンタカー屋さんごめんなさい)

まあ、こんな不安要素もありましたがみんなまずまずの収穫で沢を降りました。

このあと温泉で汗を流し、地ゼミはH幌のユースホステルで一泊、シュマさん方は道の駅で車中泊して明日に備えました。
明日はどんなステキなアンモに出会えるのでしょうか。

夢を膨らませたところで今週はこの辺で。
それでは~。



スポンサーサイト
採集報告 | 23:17:09 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。