■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
定例採集② 補足編2
ども、最近お盆なのに帰省してないTakitakiです。
みんな里帰りしていて遊び相手がいないので、暇で死にそう。
なんだか入学前の2週間を思い出す…。

さて、毎週騒いでいることなのですがブログのネタがありません。
先週の続きでもいいかと思ったのですが、面白くないうえに雑談と本題のバランスが完全に崩壊してしまっているので今週は保留。

仕方がないのでほぼ一か月前に行った定例採集のネタを今更引っ張り出すことにします。

てことで今回は定例採集②で行ったY河原の化石を紹介します。

Y河原は竜の口層の産地ですが、今までほとんど竜の口層の化石を紹介してないですね。
タカハシホタテとかしょっちゅう話題に出てくるのに一度も写真を載せてないですね。

ネタがないとか言いつつ紹介してない化石はまだたくさんあったりします。

センダイヌノメハマグリ

センダイヌノメハマグリ(Pseudamiantis sendaica)です。

竜の口層ではおなじみの化石です。一番個体数が多い種類だと思います。

この化石は多産するのはいいのですが、保存のいいものは少なかったりします。
この標本もなんだかんだ言って写真の右半分の模様はなくなっちゃってますし。

センダイヌノメハマグリ 内靭体

裏側は母岩が詰まっていましたが、掘り込んでいくと比較的きれいに内靭体(殻頂の裏側)が見えました。
まだすべての母岩を取り除いていません。
絶賛クリーニング中です。

てか、今思ったのですが「採集報告」で紹介する化石ってほとんど私が採ったやつなんですよね。
このブログはあくまで地ゼミのブログなんで他の部員が採集した化石や鉱物も載せるべきではないかと思います。
てことで、採集にいった部員は私のところに獲物の画像を送ってくれるとうれしいな。

そうそう、来週と再来週ですが私も帰省してしまうのでブログの更新ができるか微妙です。
できるだけやるようにはしますがサボったらごめんなさい。

それでは今週はこの辺で。

スポンサーサイト
採集報告 | 10:33:20 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。