■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地ゼミ推薦図書目録 その1
ども、最近夢の中でメガロをたくさん採集したTakitakiです。
正夢になるといいのですが、なかなか難しいでしょうね。

さて、私もようやく実家に戻りまして、そのためその場しのぎ的なネタしか用意できませんでした。スミマセン。
今週はサボってもいいかなと思っていたのですが、昨日K子に先手必勝を食らったので仕方なく書きます。

タイトルだけ見ると新シリーズみたいに見えますが実際のところ先々週の「化石を調べるとき①」の続きだと思ってください。
まあ、内容としては化石とか鉱物とか調べるとき地ゼミではどんな本をみてるのかなっていうのがわかる感じだと思ってください。
てことで推薦図書その1です。


「せんだい地学ハイキング」¥1,325(税込)

地学ハイキング

この本は仙台周辺で化石採集や鉱物採集をやるには基本テキストみたいなものですね。
丁寧な巡検コース案内に仙台市内で採集できる化石の図版も載っています。
あと小中学生でもわかりやすいように平易な文章で書かれているので地ゼミ部員も重宝していますww

購入したいという方は仙台市科学館の売店で売っていると思います。値段が違ったらスミマセン。

今週はこんなとこで失礼します。
来週は仙台に戻っていると思うので新しいネタを考えておきます。

それではまた来週~。

スポンサーサイト
地学の小話 | 19:35:10 | トラックバック(0) | コメント(1)
飛び出し注意!
こんばんは、最近左手薬指に切り傷を負って、2針縫ったK子です。
いやー、チャリこいでて子どもが飛び出してきて・・・
かわしたらガードレールでスーッて切れて・・・(でもひかなくてよかった~!)
そして血がドバー(汗)
僕の前方不注意もあったとは思いますが、子どもと動物の飛び出しには要注意です!
車を運転する人は特に気を付けましょうね!



今やっぱみんな帰省中なんですかね!?
部室に行っても、誰もいないことがほとんどです。
ボス先輩に会ったりもしましたが・・・
たしか部長様も帰省中だよね?
明日ブログ更新してくれるのかなぁ??
まああのtakitakiだもんな、更新してくれるに違いありません。
期待してるよ!!



今後の目標を書きます。
大きな目標です。
それは「宮城県内の新たな化石産地開拓」!!!
メガロの産地とか開拓できれば最高ですね。
採集行ったとき、「露頭があったら行ってみる」・・・これが大切な気がします。
秋になったら、化石産地開拓だけを目的としたイベントを企画してみようと思います。
新産地で大発見しましょう!!!




なんか僕にしては気持ち悪いくらい真面目な記事を書いてしまいました。
明日部長がおもしろい記事を書いてくれる・・・ハズっ!!!

部員のつぶやき | 23:31:34 | トラックバック(0) | コメント(5)
定例採集② 補足編2
ども、最近お盆なのに帰省してないTakitakiです。
みんな里帰りしていて遊び相手がいないので、暇で死にそう。
なんだか入学前の2週間を思い出す…。

さて、毎週騒いでいることなのですがブログのネタがありません。
先週の続きでもいいかと思ったのですが、面白くないうえに雑談と本題のバランスが完全に崩壊してしまっているので今週は保留。

仕方がないのでほぼ一か月前に行った定例採集のネタを今更引っ張り出すことにします。

てことで今回は定例採集②で行ったY河原の化石を紹介します。

Y河原は竜の口層の産地ですが、今までほとんど竜の口層の化石を紹介してないですね。
タカハシホタテとかしょっちゅう話題に出てくるのに一度も写真を載せてないですね。

ネタがないとか言いつつ紹介してない化石はまだたくさんあったりします。

センダイヌノメハマグリ

センダイヌノメハマグリ(Pseudamiantis sendaica)です。

竜の口層ではおなじみの化石です。一番個体数が多い種類だと思います。

この化石は多産するのはいいのですが、保存のいいものは少なかったりします。
この標本もなんだかんだ言って写真の右半分の模様はなくなっちゃってますし。

センダイヌノメハマグリ 内靭体

裏側は母岩が詰まっていましたが、掘り込んでいくと比較的きれいに内靭体(殻頂の裏側)が見えました。
まだすべての母岩を取り除いていません。
絶賛クリーニング中です。

てか、今思ったのですが「採集報告」で紹介する化石ってほとんど私が採ったやつなんですよね。
このブログはあくまで地ゼミのブログなんで他の部員が採集した化石や鉱物も載せるべきではないかと思います。
てことで、採集にいった部員は私のところに獲物の画像を送ってくれるとうれしいな。

そうそう、来週と再来週ですが私も帰省してしまうのでブログの更新ができるか微妙です。
できるだけやるようにはしますがサボったらごめんなさい。

それでは今週はこの辺で。

採集報告 | 10:33:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
化石を調べるとき①
ども、最近一日が長いと感じることが多いTakitakiです。

まあ、年を重ねるごとに一日が短く感じられるようになるってどっかで聞いたことがあるので、いいことなのかもしれないですがね。ポジティブなことであるのならば。

そうそう、更新予定日は昨日でしたが、サボりました。
更新できなかったのではなく、サボったのです。
いろいろあって疲れてたり、時間がなかったのは確かですが、昨日の家に帰ってからの自分を思い返すと、「できなかった」より、「しなかった」のほうが正しいですね。

てことでまあ、今日更新します。そうします。

今日は三畳紀のアンモナイトでも紹介しようかと思ったのですが、写真データを見てみたら全くピントが合ってなかったのでやめにしました。
そんな訳で今日のところは「化石を調べる方法①」を紹介します。
…完全にその場しのぎ感が漂ってますがまあ気にしない。

化石を見つけたとしましょう。
そのまま放っておくのはよくないことだというのは以前にもお話ししました。
けれど私を含め化石初心者は化石の種類なんてよくわからない。
じゃあ、ど-すんのというのが今回の話題です。

①知識を持つ人に聞く
一番手っ取り早いです。
私も化石を見つけた時はryoheiに訊きます。
そのたびに「勉強せーや」と叱られます。全くその通り…。
他にも各都道府県には自然博物館が大抵あるのでそこに行けば、学芸員の方が鑑定してくれるはずです。
宮城県には残念ながら県立の自然博物館はありませんが、「仙台市科学館」には地学の学芸員の方がいらっしゃいます。
また、仙台市科学館では化石鑑定会を毎年(今年は昨日8月12日にありました)行っていて、専門の方に見ていただけます。

そして②は…
と思ったのですが、今週はこの辺で。
ネタがないこのご時世なので分散しようかと思います。
ごめんなさい。

それではまた来週。




地学の小話 | 16:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
定例採集② 補足編
ども、最近体のあちこちにガタがきているTakitakiです。

やはり20になるともう若いといってられませんねー。
そしてガタが来ているのは私の体だけではなく、我が相棒のPC Let's note(大学生協仕様)もお疲れの模様。
この記事を作成していたら、突如フリーズしてしまい、手が付けられずに強制シャットダウンしました。
夏バテなのかな?

さて、壮絶にブログのネタがない今日この頃。
昨日行われた帰省コンパのことについてでも書こうかなと思いつつも、特に事件もなかったのでひとまず保留。
そこで今回は7月29日に行われた定例採集の収穫物を二つほど紹介します。

まず一つ目。
wakuya same
(Takitaki標本)
産地④Sノ沢で採集したサメの歯です。
ちゃんと同定していないので何とも言えませんがアオザメ(Isurus)だとは思います。
まあ、I.planuI.hastarisの区別がつかないのですがね。
先端がカーブしているのがI.planuでしたっけ?
ちゃんと調べときます。

二つ目。
tsurusu.jpg
(側面)

tsurusu2.jpg
(底面)(Takitaki標本)
産地③T巣で拾ったサメの脊髄です。
残念ながら今手持ちの資料では同定はできませんでした。
サメの脊椎にはいくつものタイプがあって、噂によるとこの産地ではこのタイプが最も多くみられるそうです。
特徴は、厚みが底面の半径ほどで、側面の片側に2つ、反対側に2つの合計4つの穴が開いていることです。

今回はこんな感じですかね。
前半の2か所はどうした?と言われそうですが、私はあまり良い標本が手に入れられなかったのと、まだクリーニングが終わってないので他の部員のよい標本があればそちらの写真をうpしたいと思います。

それではまた来週~。

採集報告 | 10:31:29 | トラックバック(0) | コメント(2)
祝!100号
K子です。



「祝!100号」というタイトルですが、なんのことでしょうか??



イチロー選手がヤンキースではなった1本目のホームランがメジャー通算100号だったそうです!!!
でもそのことではありません。



なんとなんとこの「祝!100号」の記事が地ゼミ活動日誌100号の記事なのです!!!
このメモリアル記事をわたくし闇部長が書かせていただきました。
おいしいトコをいただきました。
ごちそう様です!
そしてありがとうございます!



今思えば地ゼミ活動日誌にもいろいろなことがありました!
MaeDさんに始まり、僕が新入(浸入?)し、takitakiも書き始めて彼が牽引し、Boss先輩やoba、SD、M崎、ryoheiも記事を書いてきました。
そして100記事目。
グッとくるものが・・・
・・・特にはありませんが、とりあえず100記事目を祝いましょう!!!



乾杯!!!

部員のつぶやき | 16:36:19 | トラックバック(0) | コメント(3)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。