■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
定例採集① in 秋田・岩手
ども、最近お酒を買っても年齢確認をされなくなったTakitakiです。
まあ20歳過ぎてるんでいいんですけど。
別に老けて見えるからとかじゃないと思います。

さて、昨日の26日に秋田・岩手に定例採集ってことで鉱物取りに行ってきました。
皆さん知っての通り、私は化石派です。鉱物あんま興味ないです。
でもドライバーの都合だったりなんだったりで行ってきました。
本来ならobaが書いた方がいいとは思うのですが、まあ私が書きます。

午前3時。
なんで定例採集なのにこんな時間に集合なの?
てかこんなハードなのになんで一年生が7人も参加してるの?
おまけに普段あんまり顔ださない2年生もいるよ?
いろいろ疑問が残りますがとりあえずレンタカー3台(oba/N嶋さんカー、Takitaki/ODKカー、SD/NN山さんカー)に分乗して出発。
ちなみに今回採集(=泥だらけイベント)の犠牲になるのは日産のマーチさん。拍手でお迎えください(パチパチ

それはともかくまずは一か所目の秋田県大仙市にあるA鉱山を目指すべく、ひたすら国道108号と13号を爆走します。
途中山越えでobaカーがTakitakiカーを無理に追い越したり、ナビ子(カーナビ)が古かったためにナビの地図では道なき道を走る「I can fly!」な状態だったりしたぐらいしか事件はありませんでした。

まったく私が「レンタカー同士事故ったらヤバいから車間距離空けろ」って合図したのに、obaは追い越しするんだもん。やんなっちゃうよ。

とまあ、なんやかんやで8時だったかに産地に到着。
早速川に突入です。
すると、あらあらまあまあ、あっちゃこっちゃにたくさん水晶が落ちてます。ノーマル水晶に紫水晶、oba曰くシャモス石が混入したために緑色になった水晶とかいろいろありましたね。
水晶以外にもクジャク石とかいろいろあるみたい。
私でも楽しめました。

お次はA鉱山の近くにあるK鉱山。
これも移動途中にダム湖の中を横断する「I can swim!」な状態でした。ナビ子さん、大丈夫?
実を言うとこの産地、私(とODK)は今後の運転に備えて仮眠をとっていたので詳しくは知りません。
でもoba曰く「売れる級の鉱物」が採れたそうです。青鉛鉱だとか白鉛鉱とか鉛系の鉱物がたくさんとれたみたいです。

途中コンビニで昼食をとって今度は岩手県のW鉱山へ。
ここは一度行ったことがあるのですが入口が良くわからなくて、ちょっと行きすぎました。それでも何とか到着。
今日一番の難所(?)の川渡りで何名かの水没者を出しながらも採集開始。
ここでは黄鉄鉱やら赤鉄鉱やらがたくさん取れました。

最後にみんなで一関付近で食事をして定例採集は終了。いやー運転つかれたなー。往復200㎞は運転したしなー。ODKと半々でこれだからobaやSDはもっと運転したのかな?

それでは今週はこの辺で。それではまた来週~。

PS
うまく水晶の写真が撮れなかったので誰か写真あげてくれると助かるな。

スポンサーサイト
採集報告 | 19:55:21 | トラックバック(1) | コメント(2)
はじめてのかせき①
はじめに広告が入ります。

6月9日(土)に新歓採集を行います。
申し込みは今月の28日までとなっています。

                 ↑26日です

6月21日(木)に新歓コンパを行います。
詳細は未定です。そのうち告知します。
平日ですが翌日の22日は大学の創立記念日で休校なのでご安心ください。

それでは本編に入ります。
===============================
ども、最近失敗続きのTakitakiです。
どんな失敗かは言いませんが、日曜日にブログを更新しなかったのは数には入っていません。
あれはストライキなんで。はい。

どうやら5月13日の私の記事によると今日は一年生が採集した化石の写真をのっけるようです。
ちゃんと地ゼミらしい記事です。
他人の中傷をすることぐらいしかブログに書くことがないどっかのK子とはちが…
なんでもないです。

では輝かしき一年生の化石の登場です。
oido.jpg
4月28日の体験採集で一年生が採集したオイドニシキ?です。
種類に関してはちょっと自信がないです。

そもそも誰が採集したんだっけ?ちょっと忘れちゃった。
でも確か「これブログのっけるから」って一方的に許可採って写真撮った覚えがあるな。
まあいっか。

写真ではわかりにくいですが反対側の殻もついてます。
耳は取れてしまっていますがなかなかしっかりした標本です。

まあ、一年生でも立派な化石が採れますよーってことです。
また機会があれば一年生の標本をのっけたいと思います。

今日はこの辺で。
それでは~。

採集報告 | 19:54:09 | トラックバック(1) | コメント(4)
部長

こんばんは、K子です。
今は日曜日の夜11時です。
日曜日は部長の定期更新日となっているのですが、なぜ書いてないんでしょうか。
みんな楽しみにしてるのに・・・涙
そうですか、新歓期が終わったからサボっちゃったんですか・・・!?
部長もついに落ちぶれましたね。 部長、尊敬してます!


というわけで部長の代わりに闇部長が更新しちゃいまーす!
でも書くことがないので、部員の誹謗中傷でもしようかとも考えましたが、誹謗中傷の対象となる部員が地ゼミに見当たらずあきらめました、と思いきやSDを前の前の前位のブログのコメントで中傷する宣言していたことを思い出しました。

では早速SDを中傷しようと思うのですが、最近SDは部長とちがって2回もブログ書いてくれたし、いきなり夜中に514に行くなどのバカ過ぎる行動力も示したし、特に中傷されるに値するようなこともしておらず、中傷できません。


あー、書くことない。部長書けよ、まじで。


そういえば明日、から揚げパーティーします。初のK子の企画イベントです!
食いまくりましょう! でも参加者が少ない・・・汗 みんな来いよー!
部長書けよ、まじで。


昨日今日と秋田県に行ってきました。
おみやげを部室においとくからみんな食べてね!
部長書けよ、まじで。




部員のつぶやき | 22:55:26 | トラックバック(1) | コメント(4)
そうだ。碁石に(今から自転車で)行こう。
5月13日(日)、ガストにて

K子との会話

「サメの歯欲しいなー」
「行くかー、今から」
「今から!?行くか。」

ということで地ゼミ裏企画、自転車碁石キャンプに行ってきたSDです。
夜8時に思いついて11時に部室出発。次の日の1限には間に合うように帰ってこようという大雑把な企画。

メンバーはoba,MZ,SDの3人でした。あれ?K子は?

色々と無茶なこの企画。
「俺300円しかない」
「俺昨日から財布なくしてる」
「場所は?」
「西道路って自転車でいけるっけ?」
など、出発前から不安要素が。

とりあえず近くまでは行けるというMZを先頭に出発。
しばらくは

「テント持ってキャンプって、こういうのできるんだね」
「坂がジブリみたい」
「光だー!!ヒャッハー!!新しい街だー!!」
と、テンション高く進んでいったのですが
街灯が少なく、坂しかない道のりに

「この道であってるのか」
「この遠吠え野犬じゃね」
「桂ぁ、あと何Km・・・」
と不安、口数少なに。

当初の不安通り、場所が分からなくなって夜中の1時30過ぎにTakitakiに電話。
しかも何とかついて寝ようと思ったらテントの立て方がわからない。
ここら辺からもう会話がありませんでした。

3時過ぎやっと寝れて4時30に起床。
採集は30分程度しかできず疲れも残ったまま1限も待つ学校へ。
でも帰りはよかった。うん。森林浴できたし。清々しかった。
なんだかんだで大成功なサイクリング企画でした。

またキャンプしたいな。今度はちゃんと企画して。
一年生も○○行きたい!!とか言ってくれたら車で連れて行くからどんどん言ってね。

書くのに飽きたのでまた書き直します。
SDでした。

イベント | 14:08:07 | トラックバック(0) | コメント(3)
ラベルの作り方
ども、最近五月病に感染した疑いがあるTakitakiです。
バイトも地学実験もブログの更新も学生団体登録手続きも部の予定組み何から何まで面倒くさい。
でもまあ明日からだね。レポートも予定組みも明日からやれば大丈夫。

さて、本日のネタですが私のやる気とは関係なしに書くことがないのですよ。
なぜかっていうと最近マトモな採集もしてないしかといって地ゼミコレクションシリーズをやるのもなんか外してる気がするし・・・

まあ、いろいろ考えたのですが今日はちょっとまじめな話をしたいと思います。


突然ですが化石というのは仮に多産種だとしても数に限りのある貴重なものです。
化石の産地はいつ立ち入り禁止になったり、埋め立てられたり、消滅したりするかわからないことが多いです。
ですから、採集した場合にはきちんと然るべき処置(クリーニング)を施した後、記録を残す必要があります。
それは化石を採集する者にとっては必要最低限の義務だと思います。
その義務を怠るとどんなに珍い化石でも産地や地層名がわからなければただの石屑になってしまいます。

実際地ゼミの部室に置かれている化石も見栄えはかなりのものがそろっていますが採集日採集者不明だったり、産地の詳細が不明のものばかりなので学術的価値はかなり低いものになってしまっています。(まあryoheiをはじめとする2年生の尽力で大分ましにはなりましたが)

とにかく私蔵するものであったと必要最低限の記録は残してほしいというのが今日の主題です。
でもそんなこと言われたところでラベルの作り方なんて分らんという方が多いのではないでしょうか?
てことで本日は地ゼミ流(ryohei趣味の)簡単ラベルの作り方を紹介します!!

まずラベルに必要な情報を列挙してきます。
①学名
これは基本ですね。見つけた化石の名前ぐらいは付けてやらにゃいくらなんでもです。
学名は基本的には属名と種小名を付けます。これに関しては依然私が書いた記事を参考にしてください。
通常、学名は斜体、もしくは下線を引いて表記します。
例:Fortipecten takahashii

②和名
別になくてもいいという説も。なぜなら和名という和名がついてない場合もあるからです。
まあ、そのときは学名の読み方でも書いてあげればいいでしょう。
学名だけで区別がつく人は付けなくてもいいと思います。
ちなみに私は和名⇒学名の順でラベルを作りますが、地ゼミは学名⇒和名で作ります。それはryoheiの趣味です。
例:タカハシホタテ

③産地
これは特に重要です。
学名や和名は後で調べることも可能ですが、産地はちゃんと分かるようにしておかないと、あとで「あれ?どこで採ったんだっけ?」ってことにないます。また、産地によって時代も想定することができます。
市町村名と地名ぐらいは書いておくべきです。
例:宮城県仙台市青葉区○○

④時代・地層名
これも学術的には非常に大切です。
「どこにどんな地層があって、その地層では何時代のどんな化石がとれるのか」を調査することが化石学の大切なところです。化石だけあっても時代も地層もわからなければ価値なしです。
時代は「世」ぐらいまで書いておくとベストです。わかるようならどれくらい前なのかもかくといいでしょう。
例:仙台層群竜の口層(新生代新第三紀前期鮮新世)約500万年前

⑤採集日・採集者
これもデータとして残しておくべきことです。
地ゼミに長年放置されてた化石を整理するのに何度「採集日採集者不明」と書いたことか…。
例:2012年5月13日 Takitaki採集(←もちろん実際に書くときは本名でww)

こんなとこですかね。本来ならもっと産状やらなんやらを残すのが正しいのでしょうがとりあえずこれくらいは残しておけば一人前の標本でしょう。

やたらと学術的価値を押しましたが、なかには「学術的うんぬんなんてもの取れないだろww」とお思いの方はいらっしゃいませんか?
しかしそれは間違いです。

地ゼミの歴史の中でも新聞に載った発見は数度ありますし、小中学生が新種を発見することもしばしばあります。
経験や知識はもちろん必要ですが、それ以上に運によるところが大きいのが化石です。
ふらっといって突然世紀の大発見をする可能性もないとは言えないのです。
万が一そのよう場面に遭遇した時にきちんとした記録を残せるかがその後の研究を左右したりします。

あと、発見されてから何年もたって新種だとわかったりすることもあります。
そのようなことがあったとしても、もし産地や発見者がわからなかったら「新種だ!でも発見者も産地も時代も分らない!記載できん!」となります。
そんな何年もたってから新種だなんてことあり得るかとおっしゃる方、実際に群馬県の高校の地学室に眠っていた化石が十数年前に採集された新種だったという実例があります。

まあ、いろいろとご駄句を並べてきましたが極論としては
「ちゃんとラベルを書きましょう。」
ってことです。

んじゃ、今日はこの辺で。次こそは一年生が採集した化石のっけるぞ!!
それではー。

おまけ
ついさっきSDから「今から化石取りに行こう」ってメーリスが廻ったよ。
今21時だよ。
大丈夫かな。いろいろと。

地学の小話 | 21:03:18 | トラックバック(1) | コメント(1)
地学ゼミな1日
初めまして、SDです。
核弾頭Kからしつこく書けと言われての初記事です。
Takitakiのように化石について書くことはできないし、K子みたいに他人を中傷するなんてもっとできないから平日の部室の様子でも書こうかな。
ということで今日の部室の様子を地ゼミノートなる掲示板、愚痴ノートがあるのでそれを参考に書いていきます。

10時  最近キレ芸にますます磨きがかかっているTakitakiが来訪。
さっそく部室の汚さに怒る。大掃除を決意しノートに通告。
12時  昼休みに何人かで体育館へ行きバスケをする。はだしで走ったoba(ka)が足の指を骨折。
12時59分3限のためSDが部室に体育の準備をしに。この時点で遅刻確定。
ここでじゃにーからTakitakiが恐怖の大掃除をする気だとと伝えられ何か甘いものを買いに行く。
14時30 体育から帰ったK子とMZが帰還。バスケでK子に吹き飛ばされたSDは負けたためモップ掛け中。
14時40 遅れたSDが部室へ。4限へ行こうとするとTakitakiとエンカウント
      部室の奴らに逃げろと叫び授業へ
16時   シュークリームと羊羹をもって部室へ行くと未だ汚い部室と大勢の部員が。
      Takitaki曰く「汚すぎて掃除する気になれない」やっと俺の気持ちがわかってくれたか。
16時46 お互いバスケのせいで指を骨折したobaと腰の持病が悪化したSDが保険管理センターへ。
      受付「本日の診察は終わったんで」 壁を見ると診察は4時45までだった
18時   平日なのに化石採集に行っていた頭がおかしい奴ら(ryohei,K子)が戻ってくる。
19時   大体みんな帰る。
20時    SDがスーパーで破格の安さの和牛すき焼き肉を見つけたので部室へ招集をかける。
21時    4年生TKD先輩が部員登録へ部室へ。すき焼きのお金を置いていってくださった。ありがとうございます。
23時   みんな帰宅。 


以上です。採集以外の日の地ゼミの様子が分かっていただけたでしょうか。
どうしても自分に偏っちゃうけど他の人は部室でゲームしたり(PS2,3、XBOX、キューブ、64、大きなテレビ有)、マンガ(毎週ジャンプ+コミック数十種類)読んだり、麻雀したり、勉強したり、化石のクリーニングしたりしてたはず。

この記事を通してぶっちゃけ化石に興味なくても、理学部地球科学科じゃなくても楽しめるサークルだと伝えたかったのですがどうだったかな。楽しいってことが伝わればいいな。
ということで最後に。
まだまだ地学ゼミナールはいろんな学部の新入生をお待ちしています!!

部員のつぶやき | 00:50:20 | トラックバック(1) | コメント(4)
体験採集②-3 
ども、最近平謝りされることが多いTakitakiです。
私の機嫌を取るなら、謝るより甘いものでもあげればいいと思います。
SDあたりはそれを心得ているみたいです。

それはそうと体験採集の記事ですが、怠惰な部員の代表であるryoheiとobaが奇跡的な早さで更新してくれたので私もさっさと書いちゃいます。
ちなみに昨日更新しなかったのはさぼったわけじゃないですよ。書くに書けなかったんです。

まあ、とにかく書きます。


5月28日の体験採集でTakitakiチームはTakitaki、じゃにー、SD、Boss先輩、前部長のMaeD先輩、そして新入生5人でした。

最初に向かったのはサメの歯が拾える産地。
訳は詳しく書きませんが、ここには30分ほどしかいらせませんでした。
それでもみんなで地層に張り付いて10本ほど回収。
アオザメ(Isurus sp.)が大半でしたが、シロワニザメ(Odontaspis sp.)を採集した人もいました。
一年生は一人一本は持って帰れたようです。

次はカニの産地。
先行隊のK核弾頭が破壊した石の残骸を見るとカニがついていました。
まだこの産地は健在のようです。
私は体力がないのでK子のように地層は破壊できませんが転石を割っただけでも結構なカニや葉っぱの化石を採集することができました。

最後にホタテ産地。
先発隊が採り易いところを採ったようでなかなか新入生向けがありませんでした。
・・・とryoheiに後日いったら「なんで地層壊さなかった」と怒られました。
ごめんなさい。
まあ、地層は段状になっているので上を目指してみると、いくつかのナトリホソスジホタテやカガミホタテを採集できました。
ここでは私がアオザメの歯を拾ったぐらいで特に変わったことはなかったですね。
てか、ここに来るころにはなれない化石採集で一年生もみんな疲れ切ってたようです。

んじゃ、前者に習い最後は写真で。
P1010568.jpg
(SD撮影)

うん、なんだかものすごくつまらない文章ですね。
自分でも変だと思います。どうしたのかな。疲れてるのかな。疲れてます。部室を見れば疲れてる理由側k理ます。

タイぷミスも多くなってきたので今回はこの辺で。
それでは。

採集報告 | 18:07:25 | トラックバック(1) | コメント(2)
体験採集②-3 化石(の写真)なんてなかった
こんにちは
いてもいなくても変わらない地ゼミ副部長oba(鉱物担当・俄)です。
部長が早く記事を書きたくて堪らないそうなんで、僕でつっかえないように早めに体験採集記を書いときます。


我々はN先輩と自分、新入生3人の班で、
N村先輩、Oヒラ部員、K核弾頭、新入生2人の班と共に産地を回りました。



・カニ産地
仙台から車で1時間半ほどの産地で、K核弾頭がいろいろやってくれたおかげで割とみんな(標本の良し悪しはあれど)カニを採集できてたんじゃないでしょうか。最近の核弾頭には高性能レーダーも搭載されているらしく、一見ただの石かと思うようなものに魚の脊椎を見出すなど、ここではK核弾頭がMVPだったのではと思います。
また、一年生もしっかり形の残った木の実化石を見つけるなど、カニ以外にもなかなかの収穫がありました。
かくいう僕も方解石っぽい細かい結晶が生えているカニ化石を見つけたりと、かなり楽しめる産地でした。


・二枚貝、サメ歯産地
カニ産地からそう遠くない産地です。
到着した時にはまだryoei班が採集中で、ryohei氏から説明を賜りつつの採集でした。
化石が出る層は分かりやすく、表面を見るだけでも目ぼしいものは見つかるのですが層自体がわりと固い。
タガネもなくスコップだけで挑もうとした自分は早々に諦め、馬鹿だからてっぺんを目指して崖を登りました。
ついでなんで(ほぼ)てっぺんからの写真を載せときます。

DCF00020.jpg
見ろ!新入生がゴミのようだ!


結局1年生にも良い標本を採集できた人は多くなかったんじゃないでしょうか。
サメの歯は確かOヒラ部員が見つけてましたが、実物を見てないのでどんなのだったかは知らないです。
僕は小さなホタテ(ナトリホソスジホタテ?)を採集するにとどまり、
そこらに落ちていたカタツムリの殻を化石と偽って新入生に見せて遊んでました。


・アンモナイト産地
予定していたサメの歯の産地に行けなくなり、まだ時間に余裕があったので寄ってみました。
1時間弱粘ったけど結局ナンモナイト。ちょっとした欠片を一年生と僕が見つけただけです。疲れた。
日が傾いたのでこれで採集は終了し、帰仙です。



採集が終わった後は部室に集まり、ryoheiの御高説を聞き流して採集会はお開きです。
後日採集物をクリーニングしてラベルを書いて、カニもホタテもちゃんとした標本になりました。






DCF00027.jpg
ちゃんとした標本に生まれ変わりました。



採集報告 | 13:13:40 | トラックバック(0) | コメント(2)
体験採集②-2 ってかTakitaki率先して書けよ
こんにちは、2年のryoheiです。
陰で「裏部長」などと呼ぶ輩もいますがその名の通り地ゼミの実権を握っています 実のところは部長Takitakiの補佐に徹する平部員なのでご安心を。
これまで理学部以外の部員がとても少なくていつも肩身が狭かったので、今年他学部がいっぱい新歓に来てくれていることをとてもうれしく思います。そうすれば理学部の数の暴力にも屈せず合宿の日程組めますしね。
化石を掘るためだけに東北大に来たと言っても過言ではないので、化石好きな人はryohei・・・の上司のTakitaki大先生についていきましょう。

さてさて、土曜日の体験採集のご報告です。そもそも予告編だけやって逃げるなんて、これだから部長は(略
大体部長が率先して書くべきでは(略


いえ、何でもありません。さて、今回はryoheiのryoheiによる色々な不手際の結果、車2台×3班で行動するということになったわけですが、そのうちの1班の様子をリポートします。

僕の班は1年生が4人全員女子という喜ばしい班編成で、否が応にも上級生のモチベーションも上がるというものです。学年は1年からマスター2年まで、学部も理・工・農・医と中々のカオス。むしろ地学系が少数派。いやー楽しそうですね。
去年少数派で迫害を受けていたN山先輩と僕にとっては「遂に他学部が地ゼミを制圧するのか・・・・・」と感慨深いものがありましたな。
とはいえ僕自身は慣れない運転で皆さんを事故に巻き込まないか戦々恐々としていたわけですけれども。取りあえず道中分かったことは、新入生の出身地が化石産地のすぐ近くだってことと、OBのK先輩が相当ぶっ飛んだ面白い人物だということでした。今度は運転して欲しいな~~。

さて、道が混んでいて予想外に時間がかかったものの、1カ所目の産地に昼過ぎに到着。化石の探し方を説明し、各々探し始めてもらいます。ここはホタテの産地。取りあえず「初心者はホタテ1枚!」をコンセプトに探してもらうのですが、中々・・・・いいのがない。
ホタテは特定の層に高密度で入っているのですが、皆上手に取り出せず苦労していました。地ゼミのタガネの在庫が少なくて、周りからちゃんと掘れないってのが最大の問題点ですね。僕はタガネを全部新入生に貸してしまったので、ひたすら掘り方を教えて回ったり、後は小さい化石を探すぐらいしか出来ませんでした。前回ODKがサメの歯を拾っていたので自分もと思ったのですが、そう甘くは行かないようです。
新入生にはホタテを丸ごと取り出すのは難しかったようで、予想外に長丁場になってしまい、またこちらで予測していたほど化石が採れたわけではありませんでしたが、それでもNipponopectenの見事な両殻を採集した人もおり、一応満足はしてもらえたかな?とは思います。

さて、時間もないので1か所すっ飛ばしてカニの産地へ。道に迷いましたがどうにか到着。N山先輩・MZ車は時間があまりないとのことでしたので、取りあえずカニを採集してもらおうと露頭から母岩を出して割る石を供給することに。
露頭の下では成果が上がっているようで、N山先輩とOBのK先輩が
「カニ入りま~~す!!」
と叫んでいます。黄昏時ってのもあってかもうカオスですね。僕は上にいたので蚊帳の外状態でしたが。
中でもN山先輩のフィーバーは凄まじく、層理面に何匹も入ったものや、大型のきれいな個体等良品を短時間で幾つも発見されました。そんな、持ち帰らないなんて言わないで、せめて一番いいのはコレクションに収めてくださいな。クリーニングはしますから。ってかしておきましたから。
調子に乗ってカニフィーバーしていたら、気づくと夕暮れも間近。あわてて帰路に着くも部室に着いたのは20時を回ってしまいました。
レンタカーを返してクリーニングに23時半ごろまで付き合ってから翌日も巡検に行ったってのはナイショです。こんなことしてるから核弾頭マシンガンなんて言われるのかもしれませんが、いや僕は至ってまともにしているつもりですよ、N山先輩!。

何だかまとまりのない文章になってしまいましたが、こんな感じでご容赦を・・・・・。
CIMG6174 - コピー
最後にホタテ産地での一枚。天気も良くて最高の採集日和ですね!!むしろ暑かったけど・・・・・。

採集報告 | 23:53:13 | トラックバック(0) | コメント(4)
カクダントウ
こんにちは、地ゼミの核弾頭ことK子です。


今までに核弾頭なんて言われたことなかったのに、ryoheiが新入生の前でいきなり僕のことを核弾頭呼ばわりしやがったせいで、僕はこれから核弾頭キャラとして生きていかなければならなくなりました。
これで俺の運命も変わったかもな・・・笑


先日行われた体験採集では、早速核弾頭キャラを演じました。
崖を核弾頭のごとく破壊するその雄姿を新入生に見せつけてやりました。ドヤッ
1年生のみんなも核弾頭になろうね!
レッツ核弾頭!ビバ核弾頭!


確かに僕は核弾頭かもしれません。
でも実のところ、本気のryoheiは核弾頭どころじゃないんだよ、1年生のみんな。
ryoheiは核弾頭マシンガンって感じ。(ホントだよ)
実際ryoheiは体験採集で、露頭を50cm掘り下げたとか言ってたし。


てことで改めて地ゼミの核弾頭K子だよ。1年生のみんなよろしくね!
次回は核弾頭マシンガンが更新してね。

部員のつぶやき | 00:23:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。