■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
部室の掘り出し物探索 その1
ども、最近趣味の欄に節約が追加されそうな気がしてきたTakitakiです。
なぜか知らないけど学食やお店に行くといかに安く済ませるのかということばかり考えてしまいます。いい傾向です・・・たぶん。
そんなC●●Pの日曜バーゲンでいろいろ買い込んで少し「いい仕事したぜ」的な気分で綴る今週のネタです。

地ゼミの部室の一角に先輩方が残していった化石・鉱物があります。しかし長年放置されていたため、産地も種類もわからず、まさに玉石混合といった感じになっています。それではいかんということでこれからチマチマと片付けていくことになりました。その中で部室から再発掘された化石・鉱物たちを紹介する企画です。

その第一回目を飾るのがこいつです。



メソプゾシア(Mesopuzosia )です。種はパシフィカ(pacifica)だったかな?間違ってたらスミマセン。ryouheiに教えてもらったんですけどね。日が開いたので忘れちゃいました。ちなみに産地不詳です。なんとなく三笠っぽいですが。
たぶんそんなに珍しい種ではないとは思うのですが、部室に放置された化石の中ではなかなか大きくしっかりした標本だと思います。
特にコメントできないところが絶賛勉強中の悲しいところです。なんかこのアンモの裏についてるスカハイテスの種類で時代がわかってそれで種類がわかるとかryouheiが言ってましたが・・・ん~、頑張って勉強しよう。

なお、この「部室の掘り出し物探索シリーズ」は続きます。とくにアンモナイトが多くなると思います。その理由はこれを期に私がアンモの勉強をするためです。まあ適当におつきあいください。でもアンモ以外もやりたいですね。

それでは今週はこの辺で~。

スポンサーサイト
地ゼミコレクション | 20:31:03 | トラックバック(0) | コメント(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。