■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
琥珀色の飲み物は二十歳になってから
どうも、静岡帰省2日目にして風邪をひきました隊長です。
ブログの更新が遅れたのもこのせいです…ご容赦くださいm(_ _)m

仙台の7月の気候が涼しすぎたせいか、静岡の暑さに体がついていけません…溶けそうです…
風邪の原因もここにあるかと…(´・_・`)
一日寝たらすっかり回復したのでご心配なく。

さて、ここのところの地ゼミブログを見ていると、巡検に行ってないためか、やれ海釣りやらコミケやらと地学とは全然関係のない話が多いので、そろそろ地学的にマトモなことを書こうかなと…(^^;)

静岡に帰省する前に、岩手県の久慈を家族と旅行してきました。久慈は今NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレイク中の北限の海女の町です。ですがそれ以前に、日本古来から琥珀の産地としても有名でした。ドラマの中でも勉さんがスナックで琥珀を磨いているシーンがありますね(^^)

というわけで、今回は久慈の琥珀とそこで見つかる恐竜について話していきたいと思います(`・ω・´)

下の写真は久慈琥珀博物館の入口。

DSC00166_convert_20130819235533.jpg


なんかバカでかい琥珀っぽいのは「太陽の石」という体験ドーム。琥珀の誕生を音と光でダイナミックに演出しているらしいけど、うーん、よくわかんないです、はい(-.-;)


とりあえず琥珀の基本情報を。
琥珀は樹木から出る樹液が土砂に埋もれて数百万年以上の時間をかけて固化したものです。樹液の化石です。一方、それほど長い年月をかけず半化石化した琥珀をコパールといい、真性の琥珀と区別しています。

下のは琥珀の原石ですね。1g1200円らしいなのでこの大きさは…(;゚д゚)ゴクリ…

DSC00199_convert_20130820002833.jpg


琥珀の発掘体験も行っているらしいのですが、なかなか大きいものも出ることがあるとか…

色は黄色を帯びたアメ色をしたものが多いそうですが、樹木の種類や樹液の堆積環境によっても多少異なる模様です。ちなみに久慈産の琥珀は通常のものよりも若干色が濃く、赤褐色や黒色のものも見られ、樹種はスギ科の針葉樹の現生種だということがわかっています。
また、バルト海沿岸部産の琥珀には紫外線で青く蛍光するという希少なブルーアンバーというものもあります。

琥珀には昆虫(蚊やクモ、アリなど)や植物が混入しているものがあり、中にはトカゲが閉じ込められていた例も…
久慈では、鳥類の羽毛やカマキリの仲間が入った琥珀が見つかっています。

下の写真は…たぶんクモですね(^_^;)右の中央に見えるのわかりますか?

DSC00195_convert_20130820002610.jpg


当然虫入り琥珀は通常の琥珀よりも値段が跳ね上がるので、発掘体験でもし採れたら相当ラッキーですね…
僕も欲しいです…(^q^)

皆さんが琥珀といったらまず思い浮かぶのはジュラシック・パークでしょうか?
ジュラシック・パークは琥珀の中に閉じ込められた蚊から恐竜のDNAを取り出して蘇らせた恐竜達が人々を次々と襲うというスピルバーグ作のSF映画です。

鳥類の羽毛やトカゲが閉じ込められたいるんだから、恐竜のDNAもきっと…と思う方もいるかと思いますが、実際、琥珀に閉じ込められた蚊から恐竜のDNAを取り出すのは残念ながらかなり難しいようです(´・ω・`)

最近になって、化石内部及び琥珀内部の太古昆虫に残るDNAは521年の半減期をもつという研究結果がオーストラリアのマードック大学の研究チームによって報告されています。この研究によれば、まだまだ議論の余地はあるようですが、680万年の時間が経てば、DNAの骨格に当たるヌクレオチド間の結合がほぼ全て破壊されてしまうため、少なくとも6550万年以上前の恐竜のDNAから遺伝情報を読み取ることなどほぼ不可能に近いとのことです。

さて、久慈の琥珀が見つかる地層は約8500~9000万年前の白亜紀後期という恐竜時代真っ只中に堆積した地層なので、当然恐竜の化石も発見されています。

最近では琥珀発掘体験場で発掘に参加していた中学生が肉食恐竜の足の骨の一部を発見して話題となりました。
下の写真がそれですね。この骨はそれほど大きくないです。人差し指の第二関節の長さまであるかないかぐらいです。

DSC00189_convert_20130820002432.jpg

下の骨格は、デイノニクスと呼ばれる小型の肉食恐竜で、上の写真の化石はおそらくこの仲間であると考えられています。ジュラシック・パークに出てくる「ラプトル」もこの仲間です。

DSC00168_convert_20130820001905.jpg

よくこんな小さな骨から種類まで特定出来たなって感じですね(´Д` )やっぱりすごいですね専門家は…

そのほか、首の長い、竜脚類と呼ばれる植物食恐竜や、恐竜と同時代を生きた、空を飛ぶ爬虫類である翼竜や海に棲む首長竜の仲間の化石も発見されています。
どの化石も体のほんの一部分しか見つかっておらず新種とするには情報が少なすぎますが、久慈はまだまだ恐竜の化石が見つかる可能性を残しているので、今後の発掘に期待ですね( ´ ▽ ` )


最後に本の紹介。

4800205468.jpg


「誰かに話したくなる恐竜の話」という最近発売された本です。この本は久慈の古脊椎動物化石発掘を指揮していらっしゃる早稲田大学の平山廉教授が書かれたもの。
最新の恐竜研究を専門用語をなるべく使わずに優しい言葉で独自の考えも織り交ぜながら解説してくれています。恐竜のことを結構知っていたつもりだった僕でも、改めて認識させられることが多くありました。興味のある方は読んでみるとおもしろいと思いますよ(`・ω・´)

次は珍しくSD♀さんが記事を書いてくれるのかな?では、この辺で( ´ ▽ ` )

ああ、10代である時間があと1日も無いよおおおおおおおおお(ノД`)

スポンサーサイト
地学の小話 | 01:10:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
地ゼミ推薦図書 part2
ども、最近テスト前で忙しいTakitakiです。

「CMBって何だっけ?」とググってなかったら更新忘れてました。
てか「CMB:核-マントル境界(Core-Mantle Boundary)」ぐらい覚えとけってんだ。
テスト大丈夫かな…。

さて、最近ネタがないのでという皆さん聞き飽きて、私も書き飽きた言い訳を挟んで、今日はずいぶん前に企画してそのまま忘れ去られていたコーナー「地ゼミ推薦図書」の第二回目をやりたいと思います。

簡単にこのコーナーの主旨を言いますと、巷にある本の中で地ゼミ的に役に立つ書籍を紹介しようというものです。

てことで今日はこちら。

学生版(画像はAmazonより拝借)

「学生版 日本古生物図鑑」 定価:2500円(税抜)

少し古い本ですが、化石を同定するのに図鑑を一冊選べといわれたらこれでしょう。
日本の主要な産地の化石が掲載されており、その標本数も多いです。
私もよく使っていました。

私も買おうと思っていたのですが地ゼミの本棚に置いてあったので、買わないでいました。
でも最近誰かさん(犯人は知っています)が家に持ち帰ってしまい返却しないでいるので、そろそろ買おうかなと思っている次第です。

私はいいですけど、他の部員が同定するときに不便になるので、持ち去った人は速やかに返却してください。

という書籍紹介を兼ねた、公開督促状でした。

では今週はこの辺で。いい加減その場凌ぎなネタも厳しくなってきたので次回には何か考えておきます。

それではまた来週ー。

地学の小話 | 16:16:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
地ゼミ推薦図書目録 その1
ども、最近夢の中でメガロをたくさん採集したTakitakiです。
正夢になるといいのですが、なかなか難しいでしょうね。

さて、私もようやく実家に戻りまして、そのためその場しのぎ的なネタしか用意できませんでした。スミマセン。
今週はサボってもいいかなと思っていたのですが、昨日K子に先手必勝を食らったので仕方なく書きます。

タイトルだけ見ると新シリーズみたいに見えますが実際のところ先々週の「化石を調べるとき①」の続きだと思ってください。
まあ、内容としては化石とか鉱物とか調べるとき地ゼミではどんな本をみてるのかなっていうのがわかる感じだと思ってください。
てことで推薦図書その1です。


「せんだい地学ハイキング」¥1,325(税込)

地学ハイキング

この本は仙台周辺で化石採集や鉱物採集をやるには基本テキストみたいなものですね。
丁寧な巡検コース案内に仙台市内で採集できる化石の図版も載っています。
あと小中学生でもわかりやすいように平易な文章で書かれているので地ゼミ部員も重宝していますww

購入したいという方は仙台市科学館の売店で売っていると思います。値段が違ったらスミマセン。

今週はこんなとこで失礼します。
来週は仙台に戻っていると思うので新しいネタを考えておきます。

それではまた来週~。

地学の小話 | 19:35:10 | トラックバック(0) | コメント(1)
化石を調べるとき①
ども、最近一日が長いと感じることが多いTakitakiです。

まあ、年を重ねるごとに一日が短く感じられるようになるってどっかで聞いたことがあるので、いいことなのかもしれないですがね。ポジティブなことであるのならば。

そうそう、更新予定日は昨日でしたが、サボりました。
更新できなかったのではなく、サボったのです。
いろいろあって疲れてたり、時間がなかったのは確かですが、昨日の家に帰ってからの自分を思い返すと、「できなかった」より、「しなかった」のほうが正しいですね。

てことでまあ、今日更新します。そうします。

今日は三畳紀のアンモナイトでも紹介しようかと思ったのですが、写真データを見てみたら全くピントが合ってなかったのでやめにしました。
そんな訳で今日のところは「化石を調べる方法①」を紹介します。
…完全にその場しのぎ感が漂ってますがまあ気にしない。

化石を見つけたとしましょう。
そのまま放っておくのはよくないことだというのは以前にもお話ししました。
けれど私を含め化石初心者は化石の種類なんてよくわからない。
じゃあ、ど-すんのというのが今回の話題です。

①知識を持つ人に聞く
一番手っ取り早いです。
私も化石を見つけた時はryoheiに訊きます。
そのたびに「勉強せーや」と叱られます。全くその通り…。
他にも各都道府県には自然博物館が大抵あるのでそこに行けば、学芸員の方が鑑定してくれるはずです。
宮城県には残念ながら県立の自然博物館はありませんが、「仙台市科学館」には地学の学芸員の方がいらっしゃいます。
また、仙台市科学館では化石鑑定会を毎年(今年は昨日8月12日にありました)行っていて、専門の方に見ていただけます。

そして②は…
と思ったのですが、今週はこの辺で。
ネタがないこのご時世なので分散しようかと思います。
ごめんなさい。

それではまた来週。




地学の小話 | 16:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
ラベルの作り方
ども、最近五月病に感染した疑いがあるTakitakiです。
バイトも地学実験もブログの更新も学生団体登録手続きも部の予定組み何から何まで面倒くさい。
でもまあ明日からだね。レポートも予定組みも明日からやれば大丈夫。

さて、本日のネタですが私のやる気とは関係なしに書くことがないのですよ。
なぜかっていうと最近マトモな採集もしてないしかといって地ゼミコレクションシリーズをやるのもなんか外してる気がするし・・・

まあ、いろいろ考えたのですが今日はちょっとまじめな話をしたいと思います。


突然ですが化石というのは仮に多産種だとしても数に限りのある貴重なものです。
化石の産地はいつ立ち入り禁止になったり、埋め立てられたり、消滅したりするかわからないことが多いです。
ですから、採集した場合にはきちんと然るべき処置(クリーニング)を施した後、記録を残す必要があります。
それは化石を採集する者にとっては必要最低限の義務だと思います。
その義務を怠るとどんなに珍い化石でも産地や地層名がわからなければただの石屑になってしまいます。

実際地ゼミの部室に置かれている化石も見栄えはかなりのものがそろっていますが採集日採集者不明だったり、産地の詳細が不明のものばかりなので学術的価値はかなり低いものになってしまっています。(まあryoheiをはじめとする2年生の尽力で大分ましにはなりましたが)

とにかく私蔵するものであったと必要最低限の記録は残してほしいというのが今日の主題です。
でもそんなこと言われたところでラベルの作り方なんて分らんという方が多いのではないでしょうか?
てことで本日は地ゼミ流(ryohei趣味の)簡単ラベルの作り方を紹介します!!

まずラベルに必要な情報を列挙してきます。
①学名
これは基本ですね。見つけた化石の名前ぐらいは付けてやらにゃいくらなんでもです。
学名は基本的には属名と種小名を付けます。これに関しては依然私が書いた記事を参考にしてください。
通常、学名は斜体、もしくは下線を引いて表記します。
例:Fortipecten takahashii

②和名
別になくてもいいという説も。なぜなら和名という和名がついてない場合もあるからです。
まあ、そのときは学名の読み方でも書いてあげればいいでしょう。
学名だけで区別がつく人は付けなくてもいいと思います。
ちなみに私は和名⇒学名の順でラベルを作りますが、地ゼミは学名⇒和名で作ります。それはryoheiの趣味です。
例:タカハシホタテ

③産地
これは特に重要です。
学名や和名は後で調べることも可能ですが、産地はちゃんと分かるようにしておかないと、あとで「あれ?どこで採ったんだっけ?」ってことにないます。また、産地によって時代も想定することができます。
市町村名と地名ぐらいは書いておくべきです。
例:宮城県仙台市青葉区○○

④時代・地層名
これも学術的には非常に大切です。
「どこにどんな地層があって、その地層では何時代のどんな化石がとれるのか」を調査することが化石学の大切なところです。化石だけあっても時代も地層もわからなければ価値なしです。
時代は「世」ぐらいまで書いておくとベストです。わかるようならどれくらい前なのかもかくといいでしょう。
例:仙台層群竜の口層(新生代新第三紀前期鮮新世)約500万年前

⑤採集日・採集者
これもデータとして残しておくべきことです。
地ゼミに長年放置されてた化石を整理するのに何度「採集日採集者不明」と書いたことか…。
例:2012年5月13日 Takitaki採集(←もちろん実際に書くときは本名でww)

こんなとこですかね。本来ならもっと産状やらなんやらを残すのが正しいのでしょうがとりあえずこれくらいは残しておけば一人前の標本でしょう。

やたらと学術的価値を押しましたが、なかには「学術的うんぬんなんてもの取れないだろww」とお思いの方はいらっしゃいませんか?
しかしそれは間違いです。

地ゼミの歴史の中でも新聞に載った発見は数度ありますし、小中学生が新種を発見することもしばしばあります。
経験や知識はもちろん必要ですが、それ以上に運によるところが大きいのが化石です。
ふらっといって突然世紀の大発見をする可能性もないとは言えないのです。
万が一そのよう場面に遭遇した時にきちんとした記録を残せるかがその後の研究を左右したりします。

あと、発見されてから何年もたって新種だとわかったりすることもあります。
そのようなことがあったとしても、もし産地や発見者がわからなかったら「新種だ!でも発見者も産地も時代も分らない!記載できん!」となります。
そんな何年もたってから新種だなんてことあり得るかとおっしゃる方、実際に群馬県の高校の地学室に眠っていた化石が十数年前に採集された新種だったという実例があります。

まあ、いろいろとご駄句を並べてきましたが極論としては
「ちゃんとラベルを書きましょう。」
ってことです。

んじゃ、今日はこの辺で。次こそは一年生が採集した化石のっけるぞ!!
それではー。

おまけ
ついさっきSDから「今から化石取りに行こう」ってメーリスが廻ったよ。
今21時だよ。
大丈夫かな。いろいろと。

地学の小話 | 21:03:18 | トラックバック(1) | コメント(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。