■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
地ゼミの標本 part7 蛇体石(ミケリニア)
ども、最近テスト前なのにバイトが多いTakitakiです。
祝日(海の日)ぐらい休みにしろっつーの・・・
物理学C(電磁気学)とかもういいや・・・

さて、昨日の鉱物採集は雨で中止になったそうです。
そんな梅雨空が続行する今日この頃、地ゼミの部会のため(だけ)に大学に行かなければならない憂鬱さに拍車をかけるためにを晴らすためにブログを更新します。

今日も特にネタがないので地ゼミの標本シリーズpart7です。
本来なら今日はバラ輝石あたりを紹介するはずだったのですが、携帯カメラのオートフォーカス機能がダメすぎて、うまく写らなかったので化石に変更です。

結果、紹介するのはこちらです。
Michelinia multibulata

蜂の巣サンゴの一種ミケリニア(Michelinia multibulata)です。
産地は宮城県気仙沼?で時代はペルム紀です。
部室に放置されてた標本なんで詳しいことはわからないです。

これよりも古い時代のシルル紀・デボン紀の蜂の巣サンゴのフォボテシスと比べると、より大きな莢壁(菱型のいぼいぼ)を持っていて、それが蛇の鱗ににていることから蛇体石と呼ばれています。

アンモや三葉虫とかもいいですが私はこういうよくわからないイボイボとしたサンゴも好きです。
お手頃サイズのミケリニアもぜひ手に入れたいですね。

ううー、雨足がつよくなってきた…。
行きたくない…。
みんな遅れてくるし…。
雨が降ってるから行かなかったーとか言いそうだし…。

まあ、それでも行きますがね。

では今日はこの辺で。
それでは~。(ハァ…

スポンサーサイト
地ゼミコレクション | 10:17:37 | トラックバック(0) | コメント(1)
地ゼミの標本 part6 ジャポニテス
お知らせです。
合宿でご一緒してくださる『シュマの会』の公式ホームページをリンクに追加させていただきました。
快諾してくれたまいうさん、ありがとうございます。

ども、最近生活に余裕ができてきたTakitakiです。
ちなみに金銭面ではなく、スケジュール的にです。

…なんと言いますか書くことがないですね。7月になってから採集も行ってないし(29日に行きます)。
しかも写真撮ってないから標本シリーズもできないし…。

いやまて、デジカメのデータをさかのぼれば一個ぐらい使ってないネタがあるかもしれない…

…デジカメ検索中…

おお!3月29日に撮影した奴を使ってなかった!行幸!
てことで今日はこちらの標本をご紹介します。

Japonites sp.

宮城県利府町で採集されたジャポニテスの一種(Japonites sp.)ですね。

やっぱこういうグルグル巻きのアンモは見た目が面白くていいですね。

以前にも三畳紀のアンモナイトを紹介しましたが(掘り出し物シリーズ⑤より)その産地と同じハズです。

この産地は電車で行くことができるのでそのうち日帰り採集を企画するかもです。
ただ、石は腐るほどあっても化石はあまりでないので定例採集で行くかは微妙ですね…。

ちなみに以前この産地の化石は母岩がでかくて場所をとって困ると書きましたが、院の先輩のご協力でトリミングすることができて大分片付きました。
ありがとうございます。

てなわけで今週はこの辺で。
来週はちゃんとネタを用意しときます。
ではまた~。

地ゼミコレクション | 16:20:58 | トラックバック(0) | コメント(3)
地ゼミの標本 part5 電気石
ryohei「合宿が12~17日って短くない?一日増やそーぜ!」
Takitaki「俺ら(2年生)はいいけど一年生がどうか聞いてみてからね」
てことで一年生の参加者に一日増えてもいいかメールしました。

一年A「増えていいです」
一年B「長い方がうれしいです」
一年C「賛成です」


てことで合宿の日程は一日延びて
9月11日~17日
に延長となりました!
今年の一年生は積極的ね。よきかな。よきかな。


ども、最近25~26時ぐらいに就寝することが多いTakitakiです。
たとえば昨日は地ゼミで半年越しなるものをやって、就寝は今日の午前2時でしたしね。
不健康極まりないですね。
なお、半年越しとはM崎によると「一年がもう半分終わってしまったことを悔やむ会合」だそうです。

さて、今週のネタですが特に書くこともなかったりなので、久々に「地ゼミの標本シリーズ」行きたいと思います。
てことで、今週の標本はこれです。

P1010610.jpg

トルマリン(tourmaline)という鉱物です。
鉱物なんですが…

…ただの木炭にしか見えん…
最近どーもカメラさんの調子が悪いですね。

それはさておきトルマリンは結晶に熱を加えると、電気を帯びる性質があります。
そのため日本語名は「電気石」といいます。
電気石にも鉄電気石やら苦土電気石やらいろいろと種類があるっぽいですが、その辺の詳しいところは私はわかりません。
写真を見た感じでは鉄電気石みたいですが、どうなんですかね?

そもそもこの標本って国内産なんでしょうか?それすらもわからない。
鉱物に関して無知な部長でスミマセン。
どなたか詳しい方、助言お願いします。

ちなみに電気石の採集の仕方ですがクルペッコ亜種の翼部分を破壊する、もしくは捕獲報酬で手に入れることができ、噂によるとフキヨセシティから6番道路を進んだ先に多産する洞穴があるそうです。
何でもありません。失礼しました。ごめんなさい。

てことで今週はこの辺で。
それでは~。

P.S
今日はSDの誕生日!おめでとー。

地ゼミコレクション | 14:07:47 | トラックバック(1) | コメント(6)
地ゼミの標本 part4 カエデ
~前回のあらすじ~
Oba、よくやった。この調子じゃなくてさらに調子を上げて頑張れ。

ども、最近金欠なTakitakiです。
すべては免許が悪い(学科試験受験料2100円+免許交付手数料2100円+交通安全委員会加入金900円)。

まあ採集に行くには免許は必須なので仕様がないのですがね。

てことで今回のネタです。
って、うわあ~~~!!携帯で撮ったサンゴがPCに取り込んだらカオスになっとる~~!!
マズイ。どうしよう…。…そうだ、私物の中から部室にもある化石を探してそれを使えばいいのか!確か…。あ、あった。

あ、今週からは古生代じゃなくて新歓の候補地の標本を紹介したいと思います。(棒読み)

カエデ(Acer sp.)の種子です。

これは仙台市太白区の新生代から産出した化石で、この地層からはたくさんの植物・昆虫化石が産出しています。

この産地は私が新歓採集で行った産地の一つで、頑張ればいい感じの葉っぱぐらいは手に入るかと思います。昆虫は結構難しいと思います。

この化石は昆虫の羽のように見えたりしますが、カエデ類の種子、植物化石です。風にうまく乗って、できるだけ遠くまで種子を飛ばすためにこのような構造をしています。

実際は先端の黒っぽいところにいわゆる種が入っています。

この産地の化石は部室にも結構あるのでまた機会があったら昆虫化石や植物化石も紹介したいと思います。

それでは今回はぼろが出ない内にこの辺で。
次回は月曜日か火曜日に!それでは~。
(ふう、なんとかごまかせたかな…)


地ゼミコレクション | 09:25:25 | トラックバック(0) | コメント(1)
地ゼミの標本 part3 水晶
ども、最近…最近…ネタの発想力が低下してきたTakitakiです。
週2回更新しても標本のネタは尽きないだろうとは踏んでいたのですが、冒頭ネタはノーマークでした。

そういえば前々回の記事は80回目だったみたいですね。100回目には何か特別なことでもやろうかな?
たぶん忘れるだろうけど。

それはともかく本日の標本です。


石英(quartz)です。今日初めて知りましたが日本の国石に指定されているらしいです。

よく水晶ともいいますがそれは石英のなかでも特に透明度の高いものを言います。これは少々白濁しているので水晶とは言えないのかな?

写真ではわかりにくいですが石英は六角柱状のきれいな自形結晶をなすことが多いです。

にしても我ながら微妙な奴をチョイスしてしまったと思います。もっと大きくてきれいな水晶が部室にはあるのに…。

まあ、見たい方は是非とも部室にお越しください。


余談ですが水晶は4月の誕生石で、石言葉は「完璧・冷静沈着・神秘的」だそうです。
新2年生で四月生まれといえば…Takitakiとryoheiですかね?(ほかにいたっけ?)
部員はこれを見て、「当たっている!」と思うか、「やっぱり嘘っぱちだ」と思うか、どっちでしょうね?


それでは今日はこの辺で。次回は…火曜日かな?

ではまた次回~。



地ゼミコレクション | 20:16:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。