■プロフィール

地ゼミ

Author:地ゼミ
こんにちは。東北大学地学ゼミナール、通称『地ゼミ』です。地ゼミはその名の通り地球科学に関するサークルです。主な活動内容は鉱物や化石の採集、地形の巡検などですが、お花見やBBQ、芋煮などの四季折々のイベントも目白押し!新サークル棟404で日々活動しておりますので、ぜひお越しください。



■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
大収穫、大盛況…大学祭! 30th.Oct-1st.Nov
記事にもっとセンスのある題名を付けれないものかと最近悩んでいるF田です。
仙台はもう冬の足音がすぐそこまで迫ってきております。今も炬燵に入って記事を書いている次第です。寒い……

さてさて、今回は東北大学の1大イベントである東北大学祭でのことをご報告します!!我々地ゼミは「地球の落としものみっけ!」と銘打って展示をしていました。
早速行ってみよー!

~準備~
今年は今までにやっていなかったことばかりで、10月からの1か月間非常に大変な準備期間でした。系統樹とからめ、腕足類・アンモナイト・サメの歯の3つにテーマを絞った化石班、鉱山ごとに4つ+水晶特集1つの計5つの展示を行った鉱物班、去年に引き続き架空の都市の地図を展示した地理班、クイズによる標本配布など、実に多くのことをやりました。手伝ってくれた方には頭が上がりません。心から感謝の意を示したいと思います。

~当日~
予想を上回るまさかの大盛況。
はっきり言ってここまでお客さんが来てくれるとは思っていませんでした。1日目で200人を軽く超え、3日目終了時にはなんと1100人以上の方に来ていただいておりました。びっくりです。配布標本を作るのが間に合わなくなるかと思いました(^_^;)
解説している部員たちもとても生き生きしていて、楽しそうでした。(写真取りまくってたら100枚以上になってて処理に追われているのは秘密)あと個人的に展示内容がものすごく勉強になりました。もっと化石も鉱物も勉強しねぇと…
展示の一部を写真に収めたのでご覧あれ。
s_PA300273.jpg s_gakusai6.jpg


~収穫~
学祭なのに収穫?あったんです(収穫という言い方が正しいかどうかはさておいといて)。2日目だったかな?
ぼく 「~~~~~~~(解説中)」
同期 「おい、F田ちょっといい?」
ぼく 「(中断してバトンタッチ)何?」
同期 「なんかうちに入りたいって子が・・・」
ぼく 「!!!???」
そう、この時期このタイミングにまさかまさかの新入部員(候補)×2でした。まだ正式に入部を決めたわけではないですが、仲間が増えるかもということでわたくし大喜び。他にも一般の方とも今後交流がありそうで非常に喜ばしいことです。いやあまじでビビった…

あっという間に3日間は過ぎていき、終わろうかというところでまたサプライズがあり、わたくしボロ泣き。1年生からプレゼントをもらい胴上げまで…20年生きてて一番うれしい瞬間といっても過言ではないと思います。いいチームでした。

多少内輪っぽいネタを含んでしまいましたが、とにかく今年は実りの多い学祭だったように思います。手伝ってくれた方々、展示を身に来てくださった方々、心から感謝いたします。1年生たちよ、来年は今年を超える素晴らしいものを期待しておるぞ。

だらだらと書いてしまいましたが今回はこのあたりで。今後はちょっとした巡検記がメインになると思います。次回以降もお楽しみに!Adios!!

スポンサーサイト
イベント | 03:08:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
A special week in Hokkaido!
お久しぶりです。F田です。だんだん寒くなってきてますね。皆さん風邪をひかないように気を付けましょう。さもないと僕のように学祭の準備時期(今)に風邪をひく羽目になります。。。

さてさて、今回は毎年恒例の北海道合宿の報告をば。地ゼミからは2年生5人、1年生8人が参加し、現地では北大シュマの会の皆さんに案内していただき、総勢約20名(3班に分割)という大所帯でした。各班ごとに書いているとキリがないのと内輪ネタだらけでわからんのとで、僕の班のことを書きます。

フェリー内
 各々楽しんでいたようです。本読んでたり、ひたすらフェリー内を徘徊してたり、動画見て爆笑してたり。僕はというとずっとトランプしてました。ハーツ楽しい。帰りの海が荒れてて酔うかと思いましたorz

移動日(札幌観光)
 ここでも各々バラバラ。2年生は円山動物園行きました。HTV行きたかったけど時間の都合上無理でした。去年は札幌ミネラルショーという神イベントとかぶっていたのでそれを見に行きましたが今年は時期が合わず断念。悔しい!!!

巡検(3日間)
 1日目。前日まで雨が降っていたこともあり川が増水していました。本命をあきらめたものの代わりに入った沢には人が入った跡が…。収穫はあまりなく、なかなかしょっぱい結果でした。あと林道を見失って30分くらい藪こぎする羽目に。。。巡検後のお風呂が最高でした。
 2日目。今年1番有望との話を聞いており、個人的に1番楽しみにしていた沢に入れました!話通りたくさん化石が入った石があり、相当楽しめました。あいつを発見するまでは・・・熊かって??いいえ、巨大アンモです。しかもよく見れば絶対持って帰らないようなしょぼいやつです。今考えても愚行としか言いようがない。。。ブツはこちら↓↓↓

s_IMG_1613 (3)

……何だか微妙。というかヘソないしはっきり言ってしょぼい。なんで持って帰ってきたんだ。シュマの人の煽りを真に受けた僕が愚かでした。こいつに時間とられて他の石を割れなかったのが最大の後悔です。
 3日目。ちょっとした産地開拓っぽくなりました。なので収穫はあまりなかったのですが北海道での開拓は初めてだったのでちょっと楽しかったです(小並感)。

その他
 巡検の車内。シュマの内輪ネタや地ゼミの内輪ネタで盛り上がりました。ドライバーは長距離運転本当にご苦労様でした。
 飲み会。マジで楽しかった。というかカオス。なんか早々に真っ赤になってるやつ、自称地ゼミ1のイケメンとかのたまわってるやつ、シュマの先輩と一緒になってyzkをいじり倒すやつ・・・などなど。僕はというと大体シュマの会長と話してました。最後に記念撮影もして終了。

総評
 収穫はまずまずといったところでしょう。他の班は熊に遭遇しそうになったりなどちょっと心配しましたが全員無事かつ収穫もあったようなのでよかったと思います。また、1年生同士も仲がさらに良くなり、巡検力も上がったようです。来年の企画頑張れよ。

相変わらずまとまりのない文章ですがこんな感じです。来年の合宿はおそらく参加できないのでGWに行きたいと思います。シュマの方々本当にお世話になりましたm(_ _)m

ではでは。

(追伸)
今年も地ゼミは東北大学祭で展示を行います。タイトルは「地球の落としものみっけ!」です。講義棟C302教室で行います。化石は3つにテーマを絞った展示、鉱物は鉱山ごとの展示、地理は手書きの地図の展示を行います!また、クイズに正解すると標本をプレゼントする企画もありますので、是非1度いらしてください!!


採集報告 | 13:56:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
3つの葉っぱを求めて…
超お久しぶりです。期末試験と絶賛格闘中のF田です。2日後に4つ試験を控えた絶望を紛らわそうと2カ月近く更新していないので、久しぶりに記事を書こうと思いました。相変わらず他の幹部は記事を書くつもりはないようです。悲しい。

愚痴はさておき、6月の合宿について報告をば。
例年のごとく、新歓合宿ということで1泊で岩手県のほうまで行ってきました。3つの葉っぱが主なターゲットです。3つの葉っぱ…つまり三葉虫です!!僕は化石はアンモナイトが好きといいましたが、三葉虫もいいと思います。古生代の化石といえば三葉虫、と言っても過言ではないくらいに有名なやつですよね。今回はとにかくこいつを狙いました。

参加した1年生は、なんと18人中10人。あいっかわらずの元気の良さです。1日目は全員で1つの産地に張り付いて三葉虫を狙いました。目印()を頼りに山を登ること15分。この日は6月らしからぬ好天(13時現在)で、皆結構きつそうでした。汗だくになりながら産地までたどり着き、腕足類やらがいっぱいくっついている石を参考に、とにかく石を割りまくっていました。ちらほらと発見の声が上がり、僕自身も夢中で崖を叩いていたのですが…

ゴロゴロゴロゴロゴロロロロ……

やばいやーつ。ちなみにまわりあるのはnothing but 斜面。しかも1度のみならず2,3回となるもんですからさすがに切り上げて山を下りました。2時間ちょいしかできず、いくつか成果はあったようですが、残念です。また連れてってやりましょう…

陸前高田市内の宿で宿泊しました。日付が変わるまで飲んでたり、怪談してたり。僕は前者でした。後日、この時の僕のノリが「近所のおじさんと同じ」と言われてへこんだのはまた別の話。

2日目は、3つの班に分かれてそれぞれ違う産地に行きました。僕は1日目と同じく、しかし道のりははるかに厳しい三葉虫のとれるところに行きました。途中道を間違えたり、「しかしかばね(鹿の屍)」の横を通り過ぎたりして産地に到着。またしても汗だくに…しかし休んでいる時間はもったいないので速攻で採集開始。が、転石を割って、出ない。取れるはずの露頭を叩くも…出ない。なんでや…と思いつつ先輩の言っていたゾーンを探すことに。1時間くらい探して、やっと見つけました。するとそこからはもうお祭り状態に。
崖を叩く→石を取り出す→崖にヤツがくっついている→その石を取り出す→また別のやつが→……
結局捨てたのも含めて相当出たと思います。そのうちの1つがこいつです↓↓

s_P7260222.jpg

ちょっと粗いですが…胸部まである標本です。さすがに大声が出てしまいました(普段からうるさいという文句は断じて受け付けない)。他にもいろいろとれたので、僕の班は大満足でした。

他の班では、有望な新鉱物産地で大当たりしていたり、何だかおっかしなものが採れてしまったり、どの班も収穫があったようでした。1年生がみんな満足してくれたようで、とても良い合宿だったと思います。秋にまた同じところで、パワーアップした1年生と採集したいですね。



採集報告 | 19:34:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
巡検シーズン1(2)
こんにちは。部長のF田です。最近暑かったり寒かったりで体がだるいことが多いです。去年の夏は「仙台は夏でも涼しい」などという幻想に騙されて死んでいたのですが、今年も暑くなるんですかねぇ…

さてさて、前回に引き続き5月の巡検のことを書きたいと思います。Let's go!

①5/23(土)
気仙沼のほうまで足をのばしてみました。この日も前回と同じくくそ暑く、おまけに何一つ日差しを遮るものがないため、熱中症になるかと思いました。暑さとo沢層の石と格闘しながら、3時間くらい皆ハンマーを振っていました。s_P6070201.jpg
こいつが僕の出した中で一番きれいなやつです。割としっかりヘソまで見えているので、ちょっとうれしかったです。
1年生は割り方に慣れるまで一苦労、割ってもなかなか出ずにまた一苦労…なんて感じでした。それでも1人最低1つはしっかりしたのが採れていたようです。ここでのMVPは13個でした。いやはや、1年生のポテンシャルには驚かされてばかりです。
昼食を済ませて、次の産地へ。前の週に他の先輩と来ていた1年生に、前回掘っていた場所を教えてもらいましたが…全く取れない。割れども割れども化石の「か」の字すらない。結局全員飽きて、早々に切り上げました(敗北感)

②5/31
石巻の産地に行きました。去年新歓で大体の人が知っている産地でしたが、僕は初めてでした。3月にryoheiさんが15cmのアンモナイトを出しており、勝手に道中ワクワクしっぱなしでした(笑)
この日は1日中同じ場所でやることになっていたので、目標は全員1つはアンモをとってもらう!ということを勝手に決めていたので、最初は転石をちょこっと割り、あとは露頭を崩しまくろうと決めていたのですが…最初の1発で小さいアンモが。去年同じ場所でo石が言ってた「アンモって普通に転がっているもの」はほんとらしい。調子に乗って1時間は転石をたたいていました。大人げない…
見かねた(?)k子先輩とo石が露頭を崩し、1年数人(と他でもない僕)が割りまくると数個のアンモが!1番良かったのはI坂の6cm位のやつでした。素晴らしい!
それでも採れていない人がいたので、ようやく僕も露頭を崩すことに。(遅い)そこからも2,3個出ました。僕もせっかくなのでと。s_P6070199.jpg
2.5cmくらい?Garantiana sp.です。I坂のもそうだということで、一体いくつ出たんだ…というくらい出ました。いやはや、噂に違わず素晴らしい産地でした。目標は残念ながら達成できなかったので、かけらをあげました。

2代目バール系女子が誕生したのはまた別のことだった。

帰りにもまたイベントが。(全く知らなかったのですが)石巻市内の道の駅で、西夕子さんという演歌歌手の方がライブをやっていました。なんだよ…とか思っていたのですが意外に楽しかったです。k子先輩が悪ノリしたり、t島が「若者!!」ってやたら絡まれたり、歌に合わせて勝手にR.Y.U.S.E.I.やってたり、一緒に記念撮影もしたり。こんなこともあるもんだなぁ…なかなか楽しい巡検でした。

さてさて、2回連続で巡検の5月の報告をさせていただきました。この2カ月を振り返ると超忙しかった記憶しかないです。6月もいろんなことがありますが、個人的にはちょっとゆっくりしたいですね。それでも毎日1年生だけでなく上級生もいてにぎわっている部が何よりも大好きなので、活動にはどんどん参加したいと思います。
次回は6月のイベントについて報告したいと思います。お楽しみに!!

採集報告 | 14:15:15 | トラックバック(0) | コメント(1)
巡検シーズンその1(1)
超お久しぶりです。部長のF田です。更新サボりまくっててすみません…バイトもそうですが、我々地球科学系の学生には3セメスターに「地学実験」というそれはそれは楽しい楽しいレポート地獄授業があるのです。これこないだまでの自然科学総合実験よりきついじゃん…

という愚痴はさておき(大変失礼しましたm(_ _)m))、今回は毎週巡検に行っていた5月のことを書こうと思います。いってみよー!

①5/2(土)
 前回も書いたかもしれませんが、市内の鉱物産地に行きました。アホ四天王と呼ばれし1年生4人と私アホ部長の5人で行きました。連れて行ったのは良かったものの、

雪積もってました。

いや、マジか…もう5月だしさすがに溶けてんだろ、と思っていた僕の考えが甘かったようです。それでもズリの上3分の2くらいは雪がなかったのでよかったです。3時間くらい採集して採れたのがこちら!

s_P6070200.jpg

黒くてキラキラしてんのが全部閃亜鉛鉱(ZnS)で、黄色いのが黄銅鉱(CuFeS2)です。こんなに大量にくっついてんのは初めてみました。他にも、I阪が同じようにたくさん母岩にくっついてる銅藍(CuS)をとってました。いつも通り道は険しかったですが、皆ものが採れて満足してくれたみたいでした。

②5/9(土)
実は先ほど書いた産地にはこの次の週に行く予定だったので、2年生3人で下見に行きました。2週連続はさすがにアホだろ…
先ほども書きましたが、雪が積もっているのが最大のネックでした。中途半端に溶けてる上を歩いて下が抜けそうかどうかを見に行ったといっても過言ではないでしょう。結果は…③で。

③5/16(土)
1年生5人と2年生3人、さらに3年生の先輩1人で県北の鉱物産地に行きました。はい。さっきのところはアウトでした。どうにかなんねぇか…と上級生4人で必死こいて探しましたorz
また、この日僕は盛大に寝坊しました。8時集合のはずが起きた起こしてもらったのは8時半。yzkに迎えに来てもらいました…にゃしゃけない。

細倉鉱山の資料館を見学し、産地へ。この日は5月中旬とは思えないほど暑く、石をたたいても似たようなしょぼい黄鉄鉱ばかりで、若干飽き気味でしたが、終了直前にこいつが↓↓

s_P6070197.jpg

ちょっとわかりづらいですかね…方鉛鉱(PbS)です。四角い劈開面が出てるのが見えますでしょうか。図鑑ではよく目にしていましたが、やっぱり実物はいいですね!この日唯一の方鉛鉱だったので嬉しかったです。

さてさて、あと残りの2週も巡検に行っていたわけですが、ちょっと長くなるのでまた次回にしたいと思います。ていうか俺だけじゃなくて他の幹部にもかいてもらいたいです。意外とこういう文章考えるのって面白いんですよね。(じゃあ毎週更新しろって話ですが)
そんなこんなで、今回はこの辺で失礼します。また次回お会いしましょう!

採集報告 | 23:48:57 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。